『平賀源内の文芸史的位置 ─戯作者としての評価・評判』
               石上 敏 著
               平成12年7月7日 北溟社発行
               B6判 264ページ 2500円+税

目 次



 第一章 はじめに ─平賀源内は戯作の開祖か……………  7  第二章 同時代の評判と評価   第一節 生前の評判 ―安永期まで……………………… 17   第二節 没後の評価 ─天明期…………………………… 51  第三章 評価の確立   第一節 評判の沈滞と復活 ─寛政・享和期…………… 87   第二節 多彩な評者と、評価の確立 ─文化・文政期…107  第四章 評価の変遷   第一節 非難の論調 ─天保期……………………………153   第二節 評価の再興 ─幕末期……………………………171   第三節 近代の評価と評判 ─明治・大正期……………180  第五節 おわりに ─平賀源内は江戸戯作の開祖である…217   注記……………………………………………………………227   あとがきに代えて……………………………………………261


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る