『増補改訂 小野篁集・篁物語の研究
  影印 資料 翻刻 校本 対訳 研究 使用文字分析 総索引』

                  平林文雄・財団法人水府明徳会 編著

                  平成13年6月15日初版1刷 和泉書院発行
                  B5判・360ページ   10000円+税


 目   次
  はしがき

第一部  影 印 篇
  一、篁物語(乙本)影印…………………………………………………  4
  二、篁物語(甲本)影印………………………………………………… 47
  三、小野篁集影印………………………………………………………… 75

第二部  資 料 篇
  一、厳橿誌掲載翻刻複製………………………………………………… 98
  二、和装単行本翻刻複製…………………………………………………105
  三、校註篁物語…………………………………………(宮田和一郎)121
  四、新校篁物語…………………………………………(宮田和一郎)135
  五、篁日記(「王朝三日記新釈」)…………………(宮田和一郎)145

第三部  翻刻校本篇
  一、篁物語(乙本)翻刻本文……………………………………………164
  二、篁物語・小野篁集校本………………………………………………175
  三、三本並列対校本………………………………………………………186

第四部  対 訳 篇
  一、整定本文・現代語対訳………………………………………………208

第五部  研 究 篇
  一、小野篁の家系と事績・説話…………………………………………220
  二、小野篁の伝記とその作品群…………………………………………227
  三、題材・構成・伝本・研究史…………………………………………232
  四、篁物語の伝来と彰考館旧蔵乙本……………………………………237
  五、『小野篁集』『篁物語』の典拠……………………………………241
  六、『小野篁集』『篁物語』の研究史(詳説)………………………252
  七、小野篁集・篁物語関係文献目録……………………………………263
  八、彰考館旧蔵乙本は甲本の子写本……………………………………268

第六部  使用文字分析篇
  一、小野篁集仮名字母本文………………………………………………271
  二、篁物語甲乙本対照仮名字母本文……………………………………279
  三、小野篁集・篁物語甲乙本漢字索引…………………………………294
  四、三本使用の漢字別数量一覧表………………………………………297
  五、三本写本別使用漢字数量分類一覧…………………………………298
    1、写本別使用漢字一覧  2、写本別漢字特殊使用例一覧
  六、小野篁集仮名字母索引………………………………………………299
  七、篁物語(甲本)仮名字母索引………………………………………299
  八、三本使用の仮名字母別数量一覧表…………………………………319

第七部  総 索 引 篇
   索引篇凡例………………………………………………………………359
  一、一般語彙索引…………………………………………………………358
  二、地名索引・人物索引…………………………………………………337
  三、助詞・助動詞索引……………………………………………………336
  四、接頭語索引・接尾語索引……………………………………………324
  五、歌句索引………………………………………………………………323
  六、懸詞索引・枕詞索引…………………………………………………322
  七、和歌索引………………………………………………………………321

 参考として編著者・平林文雄氏の「『小野篁集』『篁物語』の研究史(詳説)」
の末尾の文章を紹介する。

「以上で『篁物語』の研究史の概観を終るが、伝本の少いこともあり、共通した
脱文や誤写による意味不明箇所も若干あって、本文についてはまだ検討の余地は
あろうが、作品研究については、昭和二年の写本の再発見以来七〇有余年を経過
して、ようやく或る段階までは到達しているように思われる。まだ研究の余地は
十分に残されているとは考えられるが、自らの研究はこれで終り、研究の更なる
進展を期待して筆を擱く。
 この稿執筆については『小野篁集・篁物語の研究』所載の略史を素稿として用
いたが、『篁物語新講』所載の津本信博氏御執筆の「『篁物語』研究史」を参照
させて頂き、御示教戴く所多大であった。記して衷心より感謝申し上げる。
 私と小野篁との出会いは、旧制中学の国史(日本史)の時間である。以来「百
人一首」中の歌が遣唐副使を拒否して隠岐島に流された時のものであること、諸
逸話に富んだ人物であること等を知った。だがそれらの逸話とは全く異る物語と
しての篁物語の研究とも訣別の時期が来た。」

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る