『時代を超える意志─昭和作家論抄』

														小笠原賢二 著
              B6判 312ページ 定価2500円+税
              2001年10月30日  作品社発行

 目  次
  第T部  戦争との対峙…………………………………………………  5
   或る埋葬
   ─坂口安吾『白痴』『桜の森の満開の下』試論……………………  6
   低空飛行家の夢
   ─武田麟太郎の反時代精神…………………………………………… 30
   ゛算術的私小説゛の活路
   ─川崎太郎の戦争と老年……………………………………………… 48
   ゛二つの矛盾゛との格闘
   ─武田泰淳の昭和初・十年代………………………………………… 69
   共有された主題
   ─武田泰淳と埴谷雄高の人間凝視……………………………………108
  第U部  戦後的時空での幻想…………………………………………127
   「幸福」という存在論
   ─三島由紀夫『美徳のよろめき』を中心に…………………………128
   「恥辱」と「変身」の想像力
   ─中井英夫の戦後についてのノート…………………………………152
   倒立した浦島伝説
   ─結城信一考……………………………………………………………174
   普遍化される「心の中」
   ─田宮虎彦の感受性について…………………………………………199
   二律背反の帰趨
   ─清岡卓行の大連体験…………………………………………………212
   郷愁の発展
   ─゛三位一体の想像力゛について……………………………………228
  第V部  「日本」との葛藤……………………………………………243
   逃亡と脱出の情熱
   ─松本清張『半生の記』と初期作品の精神構図……………………244
   反制度の継承
   ─松本清張と菊池寛の「メデイ ア」と「読者」……………………264
   語り部の懐
   ─大城立裕『日の果てから』の位置…………………………………285
   危機の超克
   ─中野孝次『実朝考』の磁場…………………………………………285
     初出一覧……………………………………………………………309
     あとがき……………………………………………………………310


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る