『俳文学の森で』 岡本 勝 著

                 平成14年3月3日 北溟社 発行
                   B6判 208頁 2000円+税
目 次 芭蕉とあだなる風…………………………………………   7 「長嘯の墓もめぐるか」を………………………………  13 芭蕉と孝女いま……………………………………………  19 龍熈近と熈快………………………………………………  25 元禄期伊勢の歌壇と俳壇…………………………………  31 助叟の陸奥行脚……………………………………………  37 三千風の郷里射和…………………………………………  43 三千風の『独吟半時歌仙』………………………………  49 紅葉軒和海のこと…………………………………………  55 小西来山と女人形…………………………………………  61 『庚寅十二月箱』をめぐって……………………………  67 『老枕集』と雲鈴…………………………………………  73 『筆の舞台』をめぐって…………………………………  79 『いせ あし鼎』をめぐって……………………………  85 『俳諧五組いと』と呉扇…………………………………  91 雲裡坊杉夫のこと…………………………………………  97 青木桃渓のこと…………………………………………… 103 茨木素因の子籬芳異聞…………………………………… 109 熱田神宮の遷宮…………………………………………… 115 『二度の笠』をめぐって………………………………… 121 堀田六林といろは歌……………………………………… 127 幻住庵その後……………………………………………… 133 俳壇の引っ越し…………………………………………… 139 本居宣長と殿村呉雪……………………………………… 145 『法の水』をめぐって…………………………………… 151 瓠形庵雄淵のこと………………………………………… 157 一無庵丈左のこと………………………………………… 163 奇淵と枯野会……………………………………………… 169 岡野知十の文台…………………………………………… 175 バークレイの俳書(その一)…………………………… 181 バークレイの俳書(その二)…………………………… 187 バークレイの俳書(その三)…………………………… 193 ウィーン大学の俳書……………………………………… 199 あとがき…………………………………………………… 205
新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る