『嬉遊笑覧(一)』


長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了  校訂
              2002年4月16日,岩波書店発行
              文庫判,370頁,定価760円+税
                  (岩波文庫 黄275−1)
◎本書は著者自筆の静嘉堂文庫所蔵本を底本とし,巻之一は欠本のため,東洋文庫所蔵  本で補っている。 ◎校訂の担当者は,巻之一上……江本裕,巻之一下……岡雅彦,巻之二上……長谷川強    目  次  凡 例 序…………………………………………………………………………………………  13 巻之一目録………………………………………………………………………………  18 巻之一上…………………………………………………………………………………  21  ○居処   室(やぐら・穴蔵),手斧初,下げ墨,宇津保柱(屋を造り合す始・宮殿   高くなりしこと),中門廊,妻戸(さふらひ・武家),書院,褻居,出文   机,居間,床,畳,押板,飾物,帳台,出居,天井,局(つぼ),切懸,   垣,鰭板,蔀,障子(やり戸),ひだの匠,しんざし,かねかけ,猿戸,   狐戸,釘貫(忍かへし),もがり,さかもぎ,放出,馬道(めんだう),   屋根(こけら・とり葺),地ぶき,のし葺,井縄,鳥おどし,江戸瓦葺(   三階作),檜楚,榑,月役,めかくし,木舞(軒づけ),間度,したぢ,   窓,穴,櫛がた,恥かき窓,大和窓,しのべ竹,青鎖,花狭間,日暮の門,   広徳寺の門,釣殿,泉殿,千貫樋,能舞台,日蔵(ひさし),長明ほ方丈,   宗鑑が庵,聯額,鉋かなばし,台所,御厨子,おすゑ,逆柱,厠(ひとの   ・はこ),雪隠,婦人小解,厠籌草紙,庭,仮山,島,立石,池,烏会,   花石綱,枯山水,前栽,蒔砂,立砂,五色砂,林帷,障日花船,名苑,致   忠が事,路次植物,建仁寺垣,石灯籠,庭掃,草売,四時花を観ること,   ○盆山、太湖石,鉢うゑ,石菖蒲,仮山,菊紋石,吊しのぶ,砂石,打と   いふこと,礬山,盆絵,水上砂絵 巻之一下………………………………………………………………………………… 113  ○容儀   上古のさま,文身鯨面,髪あげ,垂髪たわ,著裳,髪置,黒歯,白粉,黛,   眉,しん,ベニ,膏沢,五味子,花の露,伽羅油,カツラ,須恵,元結,   撥元ゆひ,爪べに,寒のべに,月代,げつしき,鑷子,額を抜こと,下食   日,蚰蜑,さかやき,野郎,十河額,はながみ額,唐犬ひたひ,半頭,茶   筅がみ,おつがみ,立髪,頬髭,ひけまん,婆佐良,鎌倉風,慶長風,総   髪,奴,侠客,よしや風,小尻咎,鞘あて,馬咎笠咎,喧嘩かひ,男子髪   の風,一銭職,婦人首飾,同髪のふり,かうがい,かんざし,櫛,櫛おさ   へ,鬢さし■さし,鏡,玉虫,貝の玉。 巻之二目録……………………………………………………………………………… 193 巻之二上………………………………………………………………………………… 197  服飾   古服,紅袴,大口,褶(しひら),交纈(板じめ),十二単(衣多くきた   る事),画かき花結(結びかた),素襖(紙被・天とくじ・かいまき),   上下(肩衣),羽織(馬のり・胴服)小袖,布子(おひえ・いつちやうら)   木綿(法令),絹裏付袴,裁縫(染もの・かたつけ・そめ草・針・仕立や・   絹布丈尺・夜なべ),たちつけ(もゝはき・股解),かるさん,はつひ(   股立・東からげ・せた折),合羽(油単・雨ばをり・簔箱),めりやす(   手覆は下に条あり),頭巾(ときん・桂包・角頭巾・長頭巾・おとがひ頭   巾・ともこも・ほあて・丸頭巾・熊坂・をかざき・隠元・きどく・をくそ・   投頭巾・こしやう頭巾・頭巾に作り髭),帽子(ゆぼうし・綿ほうし種々・   てぼそ・角かくし・覆面・こきんわた・紫ぼうし・沢之丞ぼうし・瀬川ぼ   うし・船わたぼうし),帯(かゝへ帯・鉛のしづ・小玉打・名古や帯・帯   の結びやう・前帯・彦帯・前だれ・下帯・手づな・たふさぎ・越中・湯巻・   早川・湯具),手拭(かつら包・五尺手拭・三尺・四尺・鉢巻),白色,   衣服仕立(袖口のりん・紋所・そぎ袖・鶯袖・つぼ袖),染色種々(襦袢・   胴着・帯),羽織長短,婦人仮装,壺装束(衣かつき・掻取),手覆,胸   の護身,縫箔(ざうがん・らでん・地なし小袖),染色(かき絵小袖・後   室もやう・衣服の裏・小紋),丸尽し模様(蛮絵・友禅),袋を持事(う   ちかひ),裏もやう(形木),りん(そぎえり・半領・銭くび),衣服華   美(石川屋がこと・光琳が趣向),僧徒美飾,懸香(匂ひ袋・誰袖・にほ   ひの玉),足袋(襪・熊皮もみたび・紫たび・木綿たび・箔絵・染分・高   麗ざし・長さきたび・うねざし・うんさい・とろめん・すきやたび・桑ぞ   め・絹たび),履(わらぐつ・草鞋・草履くひ・こんがう・こんず・足半・   雪駄・尻切・はな緒・毛皮ざうり・緒太・爪隠し・裏つけ),屐(あしだ・   平あしだ・はなを・けいし・馬がた・瓢箪の下駄),杖(余情杖・鵜野葭   の杖・かせ杖・かせき・ころく・与作馬かた),笠(藺笠・編笠・目せき・   都の富士・紙緒・焼印・あみ笠沿革・熊谷・八所とぢ・こも僧・小あみ笠・   玉縁の一文字・法性寺・つゞら笠・染ぬり木地・中の窪める女笠・紐の付   やう・すげ笠・近江笠・あみだ笠・ばい尻・桔梗笠・尖り笠・灘や笠),   傘(大がらかさ・遊女の傘・風流がさ・青傘・蛇の目・壺屋傘・つんぼ笠・   白笠袋),枕。
新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る