『秋成と宣長 近世文学思考論序説』

														小椋嶺一 著
              A5判 540ページ 定価14000円+税
              2002年6月3日  翰林書房発行

 目  次
   はじめに
  第一章  宣長の思惟構造の特質
   一「もののあはれ」論の源流について………………………………  9
   二「もののあはれ」論の構造序説…………………………………… 18
   三「もののあはれ」論と法然上人浄土教思想との関連について… 34
   四「道」をめぐって…………………………………………………… 46
   五「風雅」と「人情」………………………………………………… 59
   六秋成「日の神論争」とのかかわりを通して……………………… 73
   七「歌道」と「古道」との関係をいかに理解するか……………… 88
  第二章  秋成の思惟構造の特質
   一『荘子』斉物論の視点から…………………………………………107
   二血の思惟の構造―「白峯」と「血かたびら」のよみをめぐって124
   三「青頭巾」と「二世の縁」―秋成凝視の一点―…………………142
   四「魔仏一如観」の系譜―<釈迦・達磨も我も一つ心>をめぐって―
                  ……………………………………157
   五悪を嫌う心は悪―秋成と盤珪―……………………………………174
   六初期創作意識の構造―「騙り」から「寓言」へ―………………177
   七秋成と大坂……………………………………………………………192
  第三章  『雨月物語』論
   一「白峯」の主題―近世文学と仏教思想の視点から―……………201
   二「菊花の約」論―信義から軽薄へ―………………………………219
   三「浅茅が宿」論―理念と現実―……………………………………238
   四「夢応の鯉魚」論―虚像と実像・教待逸話を介して―…………268
   五「仏法僧」論―仏法僧鳥、実は化鳥也の視点から―……………285
   六「吉備津の釜」論―貞婦・妬婦譚への反転―……………………301
   七「蛇性の淫」論………………………………………………………318
   八「青頭巾」論…………………………………………………………339
   九「貧富九論」考………………………………………………………350
  第四章  『春雨物語』論
   一『春雨物語』論序説―知的体系からの脱却―……………………371
   二学問と創作の間………………………………………………………385
   三「血かたびら」考―『老子』的思惟について―…………………395
   四「血かたびら」・「天津処女」論―天皇史観について―………412
   五「二世の縁」論―秋成の仏教観の位相―…………………………426
   六「目ひとつの神」論…………………………………………………449
   七「ますらを物語」から「死首の咲顔」へ―綾足批判の構造―…467
   八「死首の咲顔」論……………………………………………………483
   九「樊●」論―「赤肉団上の一無位の真人」から―………………499
   十「樊●」論―文化五年本『春雨物語』から―……………………514


     おわりに……………………………………………………………529
     初出一覧……………………………………………………………532


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る