『江戸文芸とともに』水野 稔 著

                   編 者 小池奈都子・内村和至
                   発行者 小池奈都子
                   発行所 明治大学文学部 910研究室
                   発売所 ぺりかん社
                   2002年8月19日発行
                   A5判,864頁, 定価12000円
              ※別冊『追懐―水野先生とともに―』
                 A5判,62頁 を付す

 目  次
 父の日記―まえがきにかえて―………………………………… 小池奈都子(前付)
  凡例 ……………………………………………………………………………… (前付)

・ 研究編………………………………………………………………………………   1
 一 江戸文芸論………………………………………………………………………   3
  江戸戯作総説(一)―洒落本・滑稽本・人情本―
  江戸戯作総説(二)―黄表紙・川柳・狂歌―
  前期江戸町人文学―滑稽本・洒落本・草双紙―
  読本   洒落本   狂歌
  戯作文学―西鶴から馬琴へ―
  近代の萌芽を探る
 二 西鶴・近松・その他…………………………………………………………… 187
  仮名草子の人間像
  西鶴断片―武士と金―
  西鶴採掘―『二十不孝』一、二の素材について―
  西鶴の描く雑話物
  西鶴にはどんなテーマがあるか―卒業論文を書く方々のために―
  西鶴の劇的効果
  意図と離れた読まれ方―西鶴を例として―
  小春という女性
  れそが言伝―『冥途の飛脚』中の一行―
  「近松」の世界と現代―人間愛重の精神―
  秋成と江戸作者
 三 戯作―作者と読者―…………………………………………………………… 247
  近世文学における作者と読者
  江戸小説家たちの経済生活―京伝・馬琴の場合―
  草双紙―画像による文芸―
  草双紙とその読者   黄表紙の世界
  「忠臣蔵もの」の戯作―黄表紙・読本など―
  江戸小説と演劇―黄表紙の上演―
  市場通笑伝―後裔からの発言―
 四 遊里をめぐって………………………………………………………………… 335
  通意識の生成と展開   吉原―近世後期文学―
  張見世・すががき    深川詞

 五 山東京伝………………………………………………………………………… 377
  山東京伝―艶麗美追求の洒落本作家―
  山東京伝―寛政の改革と江戸文壇―
  山東京伝―挫折のかたち―
  京伝点描
  江戸文壇の寵児、山東京伝―水野稔氏に聞く―
  『近世奇跡考』と戯作
  京伝廓聞書―『蕉斎筆記』から―
  洒落本『総籬』のよみかた―小池博士説に関連して―
  京伝洒落本の京山注記
 六 曲亭馬琴………………………………………………………………………… 447
  曲亭馬琴―博学多識の大戯作者―
  京伝と馬琴の論争      馬琴の黄表紙
  馬琴読本の演劇性      馬琴私記
  『八犬伝』ところどころ   馬琴漫言
 七 研究余滴………………………………………………………………………… 513
  三本足らぬ戯作者     注解「てんちがひ」の弁
  藤兵衛はまゝの紅葉哉   『大日本地名辞書』をめぐって
  江戸随筆とともに     明治の葉書―正幹・樗牛―
 八 書評・推薦文…………………………………………………………………… 537
  書評………………………………………………………………………………… 539
   小池藤五郎著『山東京伝の研究』
   麻生磯次著『江戸小説概論』
   野田壽雄著『近世小説論考』
   神保五弥著『為永春水の研究』
   近世文学史研究の会編『近世中期文学の諸問題』
   中村幸彦著『戯作論』
   柴田光彦校注『曲亭馬琴書簡集』
   濱田義一郎他編『大田南畝全集』全十六巻の刊行
  推薦文……………………………………………………………………………… 567
   礒部鎮雄編『俚俗江戸切絵図』―『俚俗江戸切絵図』の出版を喜ぶ―
   滝沢馬琴著『馬琴日記』―貴重で興味深い文献―
   日本古典文学会他編『岩崎文庫貴重本叢刊』―『青本絵外題集』に期待する―
   木村黙老著『戯作者考補遺』―江戸小説研究の基礎的文献―
   濱田義一郎編『黄表紙絵題簽集』―黄表紙戸籍簿の完成―
   高橋実著『北越雪譜の思想』―推薦のことば―
   野田壽雄著『日本近世小説史 仮名草子篇』―多年の仮名草子研究の総仕上げ・
   高田衛・原道生編『叢書江戸文庫』―『帝国文庫』より一〇〇年―
   滝沢馬琴著『吾仏乃記』―記録文学「滝沢家の人びと」―
   野田壽雄著『日本近世小説史 井原西鶴篇』―雄大な構想で本質に迫る―
・ 講演編……………………………………………………………………………… 581
 一 洒落本について………………………………………………………………… 583
 二 馬琴の人と文学………………………………………………………………… 611
・ 随想編……………………………………………………………………………… 631
 一 学生と教育……………………………………………………………………… 633
 二 追憶―人と学問―……………………………………………………………… 677
 三 映画をめぐって………………………………………………………………… 735
・ 創作編……………………………………………………………………………… 767
 一 事実怪談 妖怪寺……………………………………………………………… 769
 二 水練叢話………………………………………………………………………… 772
 三 択捉島魯寇志略………………………………………………………………… 777
・ 年譜………………………………………………………………………………… 799
・ 著作目録…………………………………………………………………………… 821
・ 付録(旧蔵和書目録)…………………………………………………………… 847
 あとがき…………………………………………………………………内村和至… 863


別冊『追懐―水野先生とともに―』
 目 次
  ※
 寸言の含蓄………………………………………………………………鈴木重三……  1
 水野先生の思い出………………………………………………………池上秋彦……  4
 文学生年の心……………………………………………………………原 道生……  6
 水野先生と私……………………………………………………………野毛孝彦……  9
  ※
 一人のダメ生徒の思い出………………………………………………川島卓治…… 12
 「陸軍教授」水野稔先生………………………………………………伊従正敏…… 14
 姫路商業時代の水野先生…………………………………………『姫商新聞』…… 17
 友は宝……………………………………………………………………真野久夫…… 18
 御開講の辞………………………………………………………………延広真治…… 21
 水野稔先生の思い出……………………………………………………清水正男…… 23
 御温情は今も尚…………………………………………………………徐 恵芳…… 25
 水野稔先生………………………………………………………………鹿倉秀典…… 28
 水野稔先生の圧倒的な存在感………………………………………喜壽屋仁志…… 30
  ※
 水野先生―海神の隣人から一言―……………………………………蓮 謙一…… 32
 「江戸の文芸」展のことなど………………………………………木村八重子…… 35
 水野先生のこと…………………………………………………………小林元江…… 38
 水野先生の教え…………………………………………………………諏訪春雄…… 41
 水野先生と近世文学研究会……………………………………………冨士昭雄…… 43
 研究を楽しむ……………………………………………………………本田康雄…… 46
 無用の用…………………………………………………………………浅野 晃…… 49
  ※
 水野先生との出会いと山東京伝全集…………………………………棚橋正博…… 52
 水野先生のこと、あれこれ―冷汗と清々しさと―…………………中野三敏…… 55
 水野先生を敬慕して……………………………………………………濱田啓介…… 57
 追慕水野稔先生…………………………………………………………神保五弥…… 59
  編集後記……………………………………………………………………………… 62



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る