『俳諧とその周辺』森川昭 著

                   発行所 翰林書房
                   2002年9月20日発行
                   B6判,289頁, 定価2500円+税

 目  次

祭囃子 ……………………………………………………………………………  5

相模の大山―心敬幽居を訪ねて ………………………………………………  8

近世美術余話 …………………………………………………………………… 14
   浮世又兵衛と浮世又平/宗達と『竹斎』/『にぎはひ草』の中の
   光悦/盗人の命と茶入の命/絵馬評判記/西鶴と師宣/国芳と水
   滸伝/大雅と秋成/抱一の俳句と狂歌/蓮月尼の逸話

俳諧秘伝書と谷木因 …………………………………………………………… 30

茶の湯の四季 …………………………………………………………………… 45

端唄と俳諧 ………………………………………………………………………117

江戸文学の女性たち ……………………………………………………………131
   『伽婢子』の弥女/『西鶴諸国咄』から「忍び扇の長歌」の姫君
   /『堀川波鼓』のお種/『東海道四谷怪談』のお岩/ジャガタラ
   お春/高尾太夫/『好色五人女』のおさん/『好色一代男』の吉野

都地蔵の薄化粧 …………………………………………………………………163

続扶桑隠逸伝の著者義堂について ……………………………………………169

「日本橋」という記号 …………………………………………………………182

ある俳諧宗匠の年の暮 …………………………………………………………187

芭蕉の東海道 ……………………………………………………………………193

茶の湯と俳諧 ……………………………………………………………………217

食いしん坊公家のグルメ日記 …………………………………………………255



略歴 ………………………………………………………………………………266
著作目録 …………………………………………………………………………268
あとがき …………………………………………………………………………286



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る