『古代中世和歌文学の研究』藤岡忠美先生喜寿記念論文集刊行会 編

                   2003年2月17日   和泉書院発行
                   A5判,504頁,定価12500円+税

目 次

「後朝歌」攷………………………………………………………藤岡 忠美……   1
阿倍仲麻呂歌の「時間」…………………………………………辻  憲男……  35
万葉集から古今集へ――梅歌の表現――………………………中川 正美……  49
納涼詠の生成をめぐって…………………………………………岩井 宏子……  71
「好忠百首」と「漢詩百首」……………………………………丹羽 博之……  95
『和漢朗詠集』の中国漢詩句のない項目について……………田中 幹子…… 115
『御堂関白集』試論………………………………………………片山 剛 …… 135
言葉の綴れ錦としての『大和物語』……………………………中島和歌子…… 155
  ――九四段〜九六段を中心に――
紫式部集巻頭二首の詠作事情……………………………………徳原 茂実…… 181
「源氏物語」の引き歌をめぐって………………………………広瀬 唯二…… 203
  ――引き歌の機能と場面――
「古き詞」へのいざない…………………………………………蔵中さやか…… 219
  ――『和歌一字抄』、『袋草紙』証歌群をめぐって――
藤原清輔の述懐歌――出家と関って――………………………芦田 耕一…… 237
「夜寝覚抜書」の新出和歌の周辺………………………………米田 明美…… 263
  ――中間欠巻部の広沢での逢瀬と別れ――
長能説話の文脈……………………………………………………池上 洵一…… 281
  ――二十日あまり九日といふに春のくれぬる――
捨身飼虎説話と和歌………………………………………………田中 宗博…… 301
  ――『今昔物語集』『宇治拾遺物語』所収説話の解読のために――
慈円歌受容小史……………………………………………………田中 康二…… 327
  ――「春の心のどけしとても何かせむ」の評価転換をめぐって――
寂蓮のいわゆる「無題百首」再考………………………………山本 一 …… 347
能の「花心」――和歌から能への展開――……………………山本 晶子…… 361
『古今集通話』について・続貂…………………………………山本 和明…… 381
いわゆる「上代特殊語法のズハ」について……………………鈴木 義和…… 401
  ――「〜まし」「〜てしか」型の例を中心に――
「〜けむ名詞(を)知らず」について…………………………近藤 要司…… 423
  ――「経にけむ秋」と「起きけむかた」――
集中的専一性における項目限定性と事態波及性………………田中 敏生…… 439
  ――古今和歌集における副助詞ノミの意味的なはからき方をめぐって――
コンピュータを使って和歌を研究する…………………………中村 康夫…… 463
  ――後葉集・続詞花集・今撰集を入口にして――
 あとがき…………………………………………………………………………… 501
 執筆者所属一覧…………………………………………………………………… 503



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る