『文集 吉田幸一先生敬慕』古典文庫会員有志一同 編

                   平成15年4月12日発行
                   古典文庫判・256頁 非売品
                   発行所 〒353−0007 志木市柏町
                       5−18−3 鳥越方
                       会員有志一同事務局

目 次

古典文庫の恩恵……………………………………………………赤羽 学 ……   1
「お詫び」…………………………………………………………池田 俊朗……   4
古典文庫・吉田幸一先生への感謝………………………………石川 透 ……   7
継続ということ――「古典文庫」讚――………………………稲田 利徳……  10
はかり知れない学恩………………………………………………井上 宗雄……  13
吉田幸一氏に感謝する……………………………………………今尾 哲也……  16
私にとっての古典文庫……………………………………………岩堀 實 ……  19
研究者の証し………………………………………………………内田美由紀……  22
吉田幸一先生からの御学恩………………………………………江本 裕 ……  25
吉田先生の学恩……………………………………………………遠藤 和夫……  28
一度だけの電話……………………………………………………大岡 賢典……  31
御礼のことばに代へて……………………………………………大島 建彦……  35
「有明の別」に始まって…………………………………………大槻 修 ……  37
古典文庫への想い…………………………………………………大原 敏行……  41
未刊に終わった『談林俳諧集』…………………………………尾形 仂 ……  44
『長嘯子全集』と吉田先生………………………………………岡本 聡 ……  47
吉田幸一先生の偉業をたたえる…………………………………柿谷 雄三……  50
めぐり合えた喜び…………………………………………………柏川 修一……  53
古典文庫と森岡常夫先生…………………………………………柏谷 嘉弘……  56
吉田先生のこと……………………………………………………片山 享 ……  59
一購読会員の回想…………………………………………………上條 彰次……  62
金剛宝の輝き………………………………………………………神堀 忍 ……  65
吉田幸一先生との出会いと感謝のことば………………………神作 光一……  68
古典文庫との出会い………………………………………………神野藤昭夫……  71
鑽仰吉田幸一先生…………………………………………………雲英 末雄……  75
私にとっての「古典文庫」………………………………………金原 理 ……  78
さりげない教え……………………………………………………倉島 節尚……  81
眼福を得る…………………………………………………………倉田 隆延……  84
始まりは為氏本の曽丹集…………………………………………倉林 初男……  87
『榎本星布尼句集』の刊行によせて……………………………小磯 純子……  90
感謝と自戒…………………………………………………………小坂 誠治……  94
つきせぬ感謝………………………………………………………小高 道子……  95
感謝のことば………………………………………………………後藤 祥子……  98
吉田先生の思い出…………………………………………………小松 登美…… 101
古典文庫『宝物集』の思い出など………………………………佐伯 真一…… 103
まだお会いできずにいます………………………………………櫻井武次郎…… 106
『古典文庫』のこと………………………………………………佐藤喜代治…… 109
戦後最大の文化事業………………………………………………佐藤 武義…… 112
吉田幸一先生御苦労様でございました…………………………重松 裕巳…… 115
私の登龍門…………………………………………………………小坂 誠治…… 116
創刊のころ…………………………………………………………島津 忠夫…… 119
古典文庫と吉田幸一先生…………………………………………島原 泰雄…… 122
吉田幸一先生と古典文庫の思い出………………………………清水 正男…… 125
わたしにとっての古典文庫………………………………………杉本 好伸…… 128
川柳と和歌と………………………………………………………鈴木 健一…… 131
一番役に立った一冊………………………………………………鈴木 太吉…… 134
くさぐさの思い……………………………………………………鈴木 光保…… 137
若き日々の古典文庫………………………………………………須田 悦生…… 140
異国にある古典文庫を想ふ………………………………………高木 辰男…… 142
古典文庫の思い出…………………………………………………高梨 素子…… 147
吉田先生の思い出…………………………………………………高橋 貢 …… 150
古典文庫の学恩に謝す……………………………………………武久 堅 …… 153
二足のわらじ………………………………………………………谷地 快一…… 156
古典文庫とのつきあい……………………………………………田村 謙治…… 159
温容に万謝を捧げて………………………………………………塚田 晃信…… 162
学恩…………………………………………………………………土井 洋一…… 165
私事を加えて………………………………………………………鳥越 文蔵…… 168
吉田幸一君の思い出………………………………………………長倉知恵雄…… 171
謝辞…………………………………………………………………中嶋 隆 …… 174
吉田幸一先生に感謝する…………………………………………中西 健治…… 177
いつも、心に、ペーパーナイフを………………………………野村 精一…… 180
古典文庫――戦後の偉業――……………………………………長谷川強 …… 183
吉田幸一先生のこと………………………………………………畑中 榮 …… 186
贅沢な叢書…………………………………………………………平井 修成…… 189
他力四十年…………………………………………………………平田 澄子…… 192
「古典文庫」刊行終了……………………………………………深沢 秋男…… 194
吉田先生への感謝…………………………………………………福田 秀一…… 197
まだ見ぬ先生………………………………………………………藤原 英城…… 200
謝恩…………………………………………………………………前田金五郎…… 203
感謝の辞……………………………………………………………松井 栄一…… 205
古典文庫の終刊に際して――学恩を謝す………………………松田 存 …… 207
研究鼓舞の「器」…………………………………………………松野 陽一…… 209
紅白梅図屏風と宇治十帖…………………………………………松原 秀江…… 212
我が青春の古典文庫………………………………………………松本 寧至…… 215
焦土から建つ………………………………………………………水原 一 …… 218
中世和歌研究への契機……………………………………………三村 晃功…… 221
思い出すことども…………………………………………………宮田 裕行…… 224
吉田幸一先生の御偉業と学恩……………………………………武藤 禎夫…… 226
後輩への御はげまし……………………………………………目加田さくを…… 229
連歌句集恩借その他………………………………………………両角 倉一…… 231
終刊に寄せて………………………………………………………安田 孝子…… 233
会員番号は一四〇番………………………………………………山田 昭全…… 236
兄を矢張り幸一先生と呼びます…………………………………吉田 榮司…… 239
高橋伸幸のコレクション癖と古典文庫…………………………渡邊 昭五…… 242
吉田先生に御礼を…………………………………………………渡辺 静子…… 245

弔 辞……………………………………………東洋大学学長 神田 道子…… 248
あとがき……………………………………………信田 純一・鳥越 文蔵…… 252


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る