『落語の愉しみ』(落語の世界 1)

                     延広真治・山本進・川添裕 編

                   2003年6月10日, 岩波書店発行
                   B6判,258頁,定価3000円+税

目 次
  舌 代……………………………………………………延広真治……………  前付
 桂米朝師匠に聞く………聞き手=延広真治・川添裕・長井好弘・大友浩…   1
 落語はなぜおもしろいのか
  落語はなぜ凄いのか……………………………………小谷野敦……………  45
  『らくだ』が居る場所…………………………………川添 裕……………  63
  上方落語の特質…………………………………………荻田 清……………  81
  円朝のネタさがし………………………………………中込重明…………… 101
  落語・講談と歌舞伎…………………………………今岡謙太郎…………… 119
  落語――中国からの視点………………………………武田雅哉…………… 139
  落語の生成………………………………………………延広真治…………… 161
       ――かつぎや・しの字嫌い・猿後家――
  資料復刻 條野採菊『落語』…………………………山本 進…………… 179
 〈対談〉落語をめぐって……………………山田洋次・延広真治…………… 161
 〈インタビュー〉柳家小三治……………………聞き手=大友浩…………… 209

 データ編
  そもそも茶話――落語のみなもとは………………………………………… 231
  落語三万二千席…………………………………………長井好弘…………… 239
       ――二〇〇二年・寄席ネタ帖全調査――

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る