『西鶴を楽しむ1 『好色一代女』の面白さ・可笑さ』

                             谷脇 理史 編

                 平成15年10月15日,清文堂出版発行
                 四六判,289頁,定価2800円+税

 目 次

  まえがき………………………………………………………………   1
一 はじめに 美女は命を絶つ斧………………………………………   5
二 美女一代女の登場 巻一の一をめぐって…………………………  17
三 舞子と大名の妾 風俗紹介と風刺…………………………………  43
四 島原の遊女一代女 巻一の四から巻二の二まで…………………  75
五 寺の梵妻・女師匠・町人の腰元 巻二の三から巻三の一へ…… 113
六 奥女中・歌比丘尼・女髪結 巻三の二から巻三の四へ………… 147
七 介添女・御物師・茶の間女・中居 巻四の一から巻四の四まで 179
八 茶屋女・湯女・扇屋女房・蓮葉女 巻五の一から巻五の四へ… 215
九 暗物女・出女・夜発 巻六の一から巻六の三へ………………… 247
終章 「心は濁りぬべきや」―最後に居直る一代女………………… 273
  あとがき……………………………………………………………… 285

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る