『 栄 花 物 語 の 乳 母 の 系 譜 』  新 田 孝 子 著 

                2003年10月15日,風間書房発行
                A5判,1134頁,定価32000円+税

  凡 例
  目 次

表層篇 『栄花物語』の乳母の系譜………………………………………………    1
 序 章 問題のあり方……………………………………………………………    2
  第一節 『栄花物語』の題材と主題…………………………………………    2
  第二節 「吉海直人の乳母学」の紹介………………………………………    8
 第一章 「橘典侍」と「源典侍」………………………………………………   12
  初めに 問題文繙『栄花物語』第十一「つぼみ花」巻繙………   12
  第一節 「橘典侍」清子の素描………………………………………………   15
  第二節 「源典侍」明子の素描………………………………………………   21
  第三節 『時明集』の所伝……………………………………………………   27
  第四節 橘清子の経歴…………………………………………………………   33
  第五節 橘清子の晩年…………………………………………………………   55
  第六節 源明子の経歴…………………………………………………………   67
  結びに 資料検証に当って……………………………………………………   85
 第二章 禎子内親王の乳母たち…………………………………………………   91
  初めに 問題文繙『栄花物語』第十一「つぼみ花」巻繙………   91
  第一節 乳付「近江の内侍」…………………………………………………   94
  第二節 三名の乳母……………………………………………………………   99
  第三節 禎子内親王の乳母の「命婦」………………………………………… 103
  第四節 禎子内親王の乳母の「弁」…………………………………………… 109
  第五節 禎子内親王の乳母の「中将」………………………………………… 124
  第六節 隆姫女王の乳母「橘俊遠室」………………………………………… 131
  第七節 源致方の女子「弁乳母」……………………………………………… 135
  第八節 忠輔の女子「中納言典子」…………………………………………… 139
  結びに 〈弁のめのと〉の映像………………………………………………… 147
 第三章 乳母「近江の内侍」……………………………………………………… 150
  初めに 問題文繙『栄花物語』第十一「つぼみ花」巻繙………… 151
  第一節 『栄花物語』に見える「近江の内侍」……………………………… 151
  第二節 『左経記』に見える「藤三位」……………………………………… 154
  第三節 再度『栄花物語』に見える「近江の内侍」………………………… 161
  第四節 『小右記』に見える「惟憲妻」……………………………………… 166
  第五節 『御堂関白記』に見える「修理典侍」と「美子」………………… 172
  結びに 「典侍美子」の生涯…………………………………………………… 174
 第四章 敦良親王の乳母の問題…………………………………………………… 180
  初めに 問題文繙『栄花物語』第十三「ゆふしで」巻繙………… 180
  第一節 「源三位」隆子………………………………………………………… 183
  第二節 「方正室」……………………………………………………………… 186
  第三節 道綱女豊子「宰相乳母」……………………………………………… 191
  第四節 宣旨源陟子……………………………………………………………… 202
  第五節 誤謬と見るべき所伝…………………………………………………… 215
  結びに 「藤香子(式部)」と紫式部………………………………………… 230
 第五章 「越後」の呼称…………………………………………………………… 242
  初めに 問題文繙『栄花物語』第二十六「楚王のゆめ」巻繙……… 243
  第一節 『栄花物語』における賢子の生涯…………………………………… 245
  第二節 賢子の夫の所伝………………………………………………………… 252
  第三節 賢子の子息の所伝……………………………………………………… 259
  結びに 母「式部」・娘「弁」………………………………………………… 265
 終 章 問題のゆくえ繙望月の栄華………………………………………… 284
  表層篇注…………………………………………………………………………… 288

原理篇 女官名称と〈繙のめのと〉の呼称…………………………………  309
 序 章 問題のありか……………………………………………………………… 310
  第一節 女官名称の法則性……………………………………………………… 310
  第二節 〈繙のめのと〉という呼称……………………………………… 318
 第一章 『紫式部日記』の「宮の内侍」の問題………………………………… 321
  初めに 問題文繙『紫式部日記』寛弘五年十一月十七日の条繙繙… 321
  第一節 「弁の命婦」の経歴…………………………………………………… 323
  第二節 「弁の命婦」と行成の関係…………………………………………… 333
  第三節 行成の居宅とその周辺事情…………………………………………… 354
  第四節 「宮の内侍」を橘良芸子とする通説の傍証と反論………………… 430
  結びに 姉「弁」・妹「式部」………………………………………………… 434
 第二章 『紫式部日記』の〈敦成親王乳母〉…………………………………… 446
  初めに 問題文繙『紫式部日記』寛弘五年九月十一日の条繙繙…… 446
  第一節 敦成親王」の「少輔のめのと」……………………………………… 449
  第二節 生誕当日の乳母「大左衛門のおもと」……………………………… 463
  第三節 『不知記』の記事の問題……………………………………………… 475
  第四節 『御堂関白記』の記録から…………………………………………… 490
  第五節 乳母「江三位」の夫を巡て…………………………………………… 503
  結びに 道長における乳母の選定……………………………………………… 510
 第三章 『紫式部日記』の「宰相の君」論……………………………………… 517
  初めに 問題文繙『紫式部日記』の消息文の条繙繙………………… 517
  第一節 菅原輔正女の「宰相」………………………………………………… 521
  第二節 三位遠度女の「宰相」………………………………………………… 532
  第三節 道綱女の「宰相」……………………………………………………… 553
  第四節 『紫式部日記』形態論との関係……………………………………… 563
  第五節 現存『紫式部日記』の雑纂性………………………………………… 574
  結びに 「宰相」の由来と構造………………………………………………… 592
 第四章 『栄花物語』の「中将のめのと」の場合……………………………… 604
  初めに 問題文甲・問題文乙縺w栄花物語』第十一「つぼみ花」巻… 604
  前編 〈当代の中将のめのとたち〉…………………………………………… 606
  前/第一節 四名の〈中将のめのと〉………………………………………… 606
  前/第二節 中宮妍子の乳母「中務典侍」…………………………………… 623
  前/第三節 方隆の室家「藤原灑子」………………………………………… 630
  後編 〈中将と呼ばれる女官たち〉…………………………………………… 639
  後/第一節 『後拾遺集』の「中将の尼」…………………………………… 639
  後/第二節 『後拾遺集』の「上東門院中将」……………………………… 665
  後/第三節 『後拾遺集』の「伊勢の中将」………………………………… 669
  後/第四節 女院彰子に侍仕する「中将」…………………………………… 672
  後/第五節 中宮彰子に侍仕する「中将」…………………………………… 675
  後/第六節 相尹女〈中将〉の問題…………………………………………… 681
  結びに 「中将の尼」は◆(女+美)子内親王の乳母……………………… 700
 第五章 『栄花物語』の「大和の宣旨」考……………………………………… 708
  初めに 問題文繙縺w大鏡』第四巻「道隆伝」の道雅の条繙……… 709
  第一節 『後拾遺集』の「大和の宣旨」……………………………………… 710
  第二節 『栄花物語』に見える「大和の宣旨」……………………………… 714
  第三節 「大和の宣旨」の素姓………………………………………………… 730
  結びに 高階一族と第宅………………………………………………………… 734
 終 章 問題のゆくえ繙栄華の勝地………………………………………… 755
  原理篇注…………………………………………………………………………… 771

底流篇 天皇の乳母の家系…………………………………………………………  801
 序 章 問題のありか……………………………………………………………… 802
  第一節 天皇の乳母の特性……………………………………………………… 802
  第二節 天皇の乳母の出世……………………………………………………… 808
 第一章 陽成天皇の乳母の運命…………………………………………………… 812
  初めに 問題文繙縺w日本三代実録』元慶七年十一月十日の条繙繙… 812
  第一節 陽成天皇の乳母「紀朝臣全子」……………………………………… 813
  第二節 仁明天皇の乳母子繙橘岑継……………………………………… 816
  結びに 橘逸勢の怨霊…………………………………………………………… 822
 第二章 保明親王の乳母子「大輔の君」………………………………………… 826
  初めに 問題文繙縺w大和物語』第五段繙…………………………… 827
  第一節 保明親王の乳母「大輔の命婦」……………………………………… 827
  第二節 皇太子皇保明親王の乳母たち………………………………………… 842
  第三節 朱雀天皇と村上天皇の乳母たち……………………………………… 846
  結びに 乳母「大輔」の娘「大輔の君」……………………………………… 862
 第三章 朱雀天皇の乳母繙命婦橘光子……………………………………… 865
  初めに 問題文繙縺w大和物語』第百十五段繙繙……………………… 865
  第一節 伊尹と「少弐の命婦」………………………………………………… 868
  第二節 「少弐の命婦」の諸資料……………………………………………… 875
  結びに 橘公頼女「少弐」の母「少弐のめのと」…………………………… 890
 第四章 朱雀・村上二代の乳母繙典侍滋野幸子…………………………… 895
  初めに 問題文繙縺w公忠集』四番の詞書繙繙………………………… 895
  第一節 中務の娘と孫…………………………………………………………… 897
  第二節 典侍滋野幸子の記録…………………………………………………… 906
  第三節 「滋野井」の第の伝領………………………………………………… 913
  第四節 『中務集(御所本)』の所伝………………………………………… 919
  結びに 中務の娘繙光昭少将と大江為基室……………………………… 948
 第五章 憲平親王の乳母の選定規準……………………………………………… 950
  初めに 問題文繙縺w一条摂政御集』四五番の詞書繙……………… 950
  第一節 憲平親王の乳母の員数………………………………………………… 951
  第二節 憲平親王の乳母の女官名称…………………………………………… 955
  第三節 『拾遺集』巻六・別・三二一番の詞書繙……………………… 963
  結びに 『九暦』の伝承………………………………………………………… 970
 第六章 一条天皇の乳母「御乳母の大輔の命婦」……………………………… 975
  初めに 問題文繙縺w枕草子』第二四〇段(二二三)繙繙…………… 975
  第一節 天皇の乳母の権限……………………………………………………… 977
  第二節 『権記』長保元年 御乳母四人 の記事…………………………… 985
  第三節 新后入内の被行賞者……………………………………………………1005
  第四節 「御乳母の大輔の命婦」の出自………………………………………1011
  結びに 〈大輔〉と〈弁〉………………………………………………………1019
 第七章 乳母子の偽称繙典侍藤原長子………………………………………1025
  初めに 問題文繙縺w讃岐典侍日記』下巻天仁元年(=嘉承三年)正月
                    二日の条……………………………1025
  第一節 堀河天皇の乳母たち……………………………………………………1026
  第二節 俊成の世系図の問題……………………………………………………1033
  第三節 鳥羽天皇の乳母子たち…………………………………………………1039
  結びに 〈乳母子〉の意味………………………………………………………1047
 終 章 問題のゆくえ繙〈道長の栄華〉の大団円…………………………1052
  第一節 道長女尊子の幸福………………………………………………………1052
  第二節 九条師輔の意志の継承…………………………………………………1060
  底流篇注……………………………………………………………………………1065

本書収載論文について…………………………………………………………………1087

索引………………………………………………………………………………………1091
  (一)人名索引 (二)第宅索引 (三)件名索引 (四)論文索引
  (五)和歌索引

あとがき…………………………………………………………………………………1133


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る