『西鶴連句注釈』前田金五郎 著


                 平成15年12月20日・・・勉誠出版発行
                 A5判,1036頁,定価28500円+税


  目  次

 凡例

連 句 集
 一 大坂独吟集………………………………………………………………………   3
 二 誹諧独吟一日千句………………………………………………………………  96
 三 西鶴俳諧大句数………………………………………………………………… 173
 四 珍重集…………………………………………………………………………… 259
 五 虎渓の橋………………………………………………………………………… 341
 六 西鶴五百韻……………………………………………………………………… 421
 七 両吟一日千句…………………………………………………………………… 500
 八 みつかしら……………………………………………………………………… 577
 九 精進膾…………………………………………………………………………… 659
 十 大悟物狂………………………………………………………………………… 753
 十一 河内羽二重…………………………………………………………………… 788

付 合 集
 一 生玉万句………………………………………………………………………… 815
 二 物種集…………………………………………………………………………… 841

句 評 集
 一 尾陽鳴海俳諧喚続集…………………………………………………………… 883
 二 物見車…………………………………………………………………………… 935
 三 難波土産………………………………………………………………………… 960

素 稿 凡 例……………………………………………………………………… 1005

跋……………………………………………………………………………………… 1006

語 句 索 引……………………………………………………………………… 1009


    跋

 昭和二十四・五年頃、当時大阪府岸和田市所在府立和泉高校勤務の筆者に、東京の故川瀬一馬氏から、
講談社刊行『新註国文学叢書』中の『西鶴(俳諧編)』『西鶴(浮世草子編)〔好色一代男・好色五人
女・好色一代女所収〕』各一冊の執筆依頼が送付された。早速承諾書を送り、教務の余暇執筆成稿した
が、『俳諧編』は校了後、印刷所火災事故により刊行中止、原稿・ゲラ刷が手許に残り、『浮世草子編』
は原稿そのものが残存した。
 その後、板坂元氏より『日本古典文学大系・西鶴集・上』注稿執筆に際し、助力を乞われ、『好色一
代男』・『好色五人女』・『好色一代女』執筆中知り得た事項は総て提供し、岩波文庫本『好色一代女』
にも、故横山重氏から同様の依頼があったので、援助の機会に恵まれたが、筆者も『好色一代男全注釈』
(上・下二巻、昭和五十五・六年、角川書店刊)、『西鶴大矢数注釈』(全四巻。昭和六十一・二年、
勉誠社刊)、『好色五人女全注釈』(平成四年、勉誠社刊)、『好色一代女全注釈』(平成八年、勉誠
社刊)、『西鶴発句注釈』(平成十三年、勉誠社刊)に於いて、昭和二十年代の旧稿を補正しつつ執筆
続行、ようやく今日成稿したものである。
 本書執筆に当っては、凡例に明記した諸先学の研究業績を踏まえ、筆者が新しく調査考究した事項を
追加記述し、諸家の研究成果を明確にするよう心掛けたが、筆者の不敏により、先学諸家の研究意図等
を誤解した引用が存在したならば、御寛容の程を願いたい。
一、凡例に記した故横山重・野間光辰二大先学、研学上の僚友小川武彦氏、一・二の資料調査に協力さ
れた永野仁氏、および本文中に記名の示教賜った各氏のほか、語注参考文献として多大の恩恵を受けた
『邦訳日葡辞書』編訳者土井忠生・森田武・長南実三氏、本書執筆最初の機会を与えて下さった故川瀬
一馬氏、以上の方々に深く感謝いたします。
 顧みれば、今を去る五十有余年前、大阪府下泉南の地で、戦後寒酸の日々、本務の余暇、全力を挙げ
て執筆成稿した素稿に補正を加えて刊行した、筆者の西鶴注釈書は本書を以て、総て上梓したこととな
るが、三十そこ/\から満八十一歳までの長年月を思うと、「少年易老学難成」の感無きにしもあらず
で、いささか感慨無量である。
 今後筆者に残された仕事は、既発表の諸論文と新稿とを併せ、論文集一冊を編集・出版する企画であ
るが、これも二年以内に成就するであろう。
 最後に、私事に亘るが、前著『西鶴発句注釈』同様、本書を亡兄前田周平、亡姉同智恵に捧げること
を許されたい。
  平成十四年七月二十七日                    前田金五郎


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る