『嬉遊笑覧(二)』

     長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了  校訂

                   2004年2月17日・岩波書店発行
                   文庫判,427頁,定価800円+税
                       (岩波文庫 黄275−2)

◎本書は著者自筆の静嘉堂文庫所蔵本を底本とし,巻之一は欠本のため,東洋文庫所蔵
 本で補っている。
◎校訂の担当者は,巻之二下……長谷川強,巻之三・巻之四……石川了

    目  次
  凡 例
巻之二下…………………………………………………………………………………  13
 ○〔服飾〕
  刀脇差(腰刀・打刀・大小・野太刀・さすが・きんちやう・かね打つこと・
  しゞま・願はたし),巾着(燧袋),印籠(荷包・帯ぐるま・勧清ぬひ・緒
  じめ・とんぼ・前巾着・浮世袋・暖簾の耳・哥袋・■(ネジ)ぶくさ・瓢単
  根付・やみの夜・早道),鼻紙(畳紙),紙入,きせる,烟草入(継きせる
  ・油紙・ら宇),扇(かはほり・末広・中啓・骨の色・ぼんぼり・檜扇・か
  なめ・一束一本・修羅扇・御影堂・友禅扇・烏扇・扇かけ),団扇(奈良う
  ちは・判じ物うちは・柿油うちは・流行・あじろ),楊枝(竹のやうじ・猿
  屋・打やうじ・平やうじ・壺打・紋やうじ・爪やうじ・楊枝かくれ付琢砂)
 ○〔器用〕
  舟(舟の名・安宅丸・物の鳴こと・船吟・高瀬舟・平田・屋形・二挺立三挺
  ・猪牙・やかた船の員・小早・ちよろ・茶船・にたり・舟形手水鉢),車(
  苦車・むな車・■(木+習)・車借・大八・借カゴ出銀・くるま長持),輿
  (力車・肩輿・塵取・網代・■(竹+便)・あんほつ・駕籠舁やう・六尺・
  御免かご・制禁・町かご員数),挟箱(面桶),長持,破子さらへ(屯食・
  さゝ折・重箱),筥の蓋(他物を借用・すゞりぶた),椀折敷(浅黄椀・三
  方・縁高・八寸・かけばん・蝶足・花足・公卿・ごき・定器・合子・ひきれ
  ・大海・内海・外居・食籠・今の飯器・かなまり・腰高・坊主椀・さら・サ
  ハリ・ちよく・へいから・手塩・黒椀・朱器・白木合子・山折敷・根来朱・
  薩摩椀・燕口・朽木の膳具・木具金箔),陶器(茶椀・秘色・柴窯・定汝官
  哥・竜泉・磁器の覆輪・饒州景徳鎮・成化嘉靖・点茶黒器を用・建盞・天目
  ・窯変・水滴・油滴・瀬戸もの・藤四郎・俊慶・ひたち帯・祖母懐・尾張・
  三田・祥瑞・呉洲・擂茶・高麗・三島・斗々屋・御本・楽焼・萩焼・のんこ
  ・玉水焼),古董(蔵廻り・取売・ほり出し),法花釜(あみだ堂),土風
  炉,伊部,大食窯,■(爽+リットウ)金(沈金・存星・堆朱・西皮・くり
  ・蒟醤・らでん),桔梗皿(ハリギ・十錦・磁器をゆでゝ用・やきづき・焼
  付け絵),表■(衣+背)(へり巻だし・風帯・表具師),手鑑(極札・紙
  絵),古錦(撰糸・金紗・焼切・泊瀬の戸帳),宝貨(金銀の事・古銭・闘
  化蝶・六条銭・鳩の目・古銭減少)
巻之三目録……………………………………………………………………………… 181
 ○〔書画〕
  ふるひ筆,早がき,蚯蚓がき,はしり書,はなち書,おひつき書,たて文,
  包み文,引墨,〆,結び文,礼紙,懸紙,宣旨書,口上書,筆だて,消息長
  短,遊女が文・封印,返し書,封筒,てづゝ,文字虫魚の躰,葦手・歌絵,
  紙捻の字,文昌星,ヘマシヨ入道,文字絵,木筆,飛白,二重もじ,米粒の
  書画,油画,鞘画,うき絵,写真鏡,すみ絵・白絵,泥画,金砂子,霞,源
  氏雲,牧童図,蕪図,一筆がき,嗚呼絵,鳥羽画(擂木に翼),一画付(よ
  り合図・あく画),墨だふれ,ばさら絵,男絵・女ゑ,笑ひ絵・枕画,古陵
  石人(角先生),大津絵,化物画,浮世画(人名ども),一枚絵(べに絵・
  漆ゑ),絵草子(巻双紙・草ざうし・白虫本・草子沿革),八文字屋本,役
  者評判記,江島其磧が伝(自笑が事),役者肖顔,狐狸の書画,■〔きょう〕
  画,絵解(比丘尼),織画,水上書画(白字・墨流し),字を吹,シヤボン,
  水圏戯,抜暈,焼画(あぶり出し),写不上者有法,石筆。
 ○〔詩歌〕
  掩韻,へんつき,文字合,歌字尽,本朝詩賦始,連句,漢和,狂詩,仮字の
  詩,連歌(花下・賭物・点者・紹巴・古今伝授・道印幸順基佐・付句・移■
  連歌・露字の質・古歌暗記・江戸御連歌・会日・裏白連歌),俳諧(式法・
  沿革・談林・桃青が手簡・付合・其角が説・古式・点法・正風躰・座敷乞食
  ・天狗俳諧・前句付・冠付・三笠付・六玉川・川柳・片歌・五色墨(同評))
  ,狂歌(俳諧歌・有心無心・今世の狂歌師・花押・宗匠号・俳名・表徳),
  秀句(かすり・地口付・もじり・文字鎖・段々付・尻取・五文字),謎(古
  きなぞ/\・字謎・なぞ付),判じ物(鎌わぬ・はんじ物模様・器物銘・願
  人坊判じ物・招牌(数種)・柱かくし発句・訳字・廻文・畳字連環・点取賞
  物・略暦(大小))。
巻之三…………………………………………………………………………………… 183
巻之四目録……………………………………………………………………………… 293
 ○〔武事〕
  犬追物,通し矢,つぶて(抛石・印地・ちやうま・雁ころし),せめ馬,曲
  馬(棋盤乗・鬼かげ・的顱・やぢ馬・木馬),居合・やはら,鹿島香取の武
  術,武者修行,長柄刀(かぎ鎗),乱波,道具,七道具,千人ぎり,兵法の
  手,斜に構,逃る手,相撲,勧進,関脇,江戸にて興行,相撲の手,大家に
  扶持せらるゝ事,かたや,褌,力紙,力水,さし櫛,仮粧,髪の結ぶり,四
  つ辻,前づけ,われといふこと,興行日数,大漢,坐頭相撲,女ずまふ,辻
  相撲,ひとり相撲,長人・侏儒,大太ぼつち(百合若)・大ぼや,こぶし打
  ,腕おし,首引,臑おし,指はじき,枕引,扇引,扇切,綱引,力もち。
 ○〔雑伎〕
  続松,歌かるた,貝覆(歌貝・絵貝・文字札・貝合・貝尽・やくかひ),小
  弓(雀小弓・楊弓・吹矢・からくり的・滅多的・水嚢なげ・投壺・はま弓・
  はんま廻し・■(たが)廻し),双陸(名目・寸法・てうばみ・七半・四一
  半・目勝・樗蒲),下貽(おりは・ざれごと・仏法双六・道中双六・官位双
  六むさし・八道行成),碁(まけわざ・白黒の位・聖目・結さす・してう・
  乱棋・とりご・ひろひ物・まゝこ立),象棋(大象棋・番所象棋・中象棋・
  七国象棋・はさみ象棋・によんによ・象棋倒),弾碁(石はじき),蔵鉤(
  なご),撃鼓射字(さつさ立・目付画),帯引,福引(宝引・八方ごま・穴
  一・こまどり・きづ・意銭),攤(紙の賭・針うち・めき・こまやうろ),
  琢釘戯,打毬,蹴鞠(かゝり植物・外郎曲まり・円社),手鞠,一二(手ま
  り歌・立まり),弄玉(あやつく),放下僧(やぶれ僧・小切子),文織(
  しな玉・呪師・輪鼓・豆蔵),手煉の伎(数種),擲倒(でんぐり返り・蜻
  蛉がへり),翻筋斗(杉立・もどりうつ・猿がへり・板落・中がへり),枕
  の曲,枕踊(枕拍子),扇の曲(投扇興)。
巻之四…………………………………………………………………………………… 295



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る