鈴木重嶺(翠園)関係資料(3)

                   深沢 秋男

 翠園・鈴木重嶺関係資料が,御子孫の松本誠氏の奥様,松本栄子氏から,昭和女子大学に寄贈され,その内容に関しては,昭和女子大学『学苑』第694号で報告した。その後,重嶺関係資料が,古書籍商の目録に出て,幸いこの大部分を昭和女子大で購入することが出来た。その概要は『学苑』第705号で報告した。平成11年9月,また,重嶺関係資料が発見された。幸い古書籍商の御配慮で,これも昭和女子大学で一括購入することが出来た。全170点の資料の概略を以下に紹介する。
 このように大量の重嶺関係資料が昭和女子大学に収集出来たことに関して,松本栄子氏をはじめ,関係者に改めて感謝申し上げる。
 この「鈴木重嶺(翠園)関係資料(3)」は,昭和女子大学『学苑』第716号「日本文学紀要」(平成12年1月)に発表したものに改訂を加えたものである。

 「鈴木重嶺(翠園)関係資料(1)(2)(3)」に関する問い合わせは下記にお願い致します。
 〒359−1104 所沢市榎町3−20 深沢秋男


1,翠園詠草 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七五ミリ。前表紙は赤罫紙,後表紙は本文と共紙。表紙中央上部に「春迺歌/翠園詠草 春」と墨書。右下に「共六冊」と墨書し,その下に「鈴木」の縦長円形陽刻朱印。墨付6丁。「鈴木蔵書」の陽刻円形(上部が内に折込む)朱印。
2,翠園詠草 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七三ミリ。前表紙は本文と共紙。表紙中央上部に「秋迺歌/翠園詠艸 秋」と墨書。右下に「共 六冊」と墨書し,その下に「鈴木」の縦長円形陽刻朱印。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行。墨付5丁。「鈴木蔵書」の陽刻円形(上部が内内に折込む)朱印。巻末に遊紙1丁。
3,翠園詠草 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五三ミリ×横一七八ミリ。表紙は半紙で中央上部に「翠園詠草」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行。墨付27丁。白紙18丁。
4,翠園詠草 半紙本,写本,1冊,縦二二八ミリ×横一五六ミリ。練色表紙。左肩に「翠園詠草」その下に2行小字で「明治十七年十月より/十八年十月まて」と墨書。本文用紙は丸屋の躑躅色罫紙,毎半葉10行。墨付48丁。「鈴木蔵書」の陽刻円形(上部が内に折込む)朱印。
5,庚午詠草 半紙本,写本,1冊,縦二二五ミリ×横一五八ミリ。浅葱色表紙。中央上部に「庚午 詠草」左下に「鈴重嶺」と墨書。本文用紙は黒色罫紙,毎半葉10行。墨付26丁。白紙9丁。
6,庚午詠草 大本,写本,1冊,仮綴,縦二六二ミリ×横一八九ミリ。表紙本文と共紙で,左肩に「庚午詠草」右下に「重嶺」と墨書。本文用紙は黒色罫紙,毎半葉10行。墨付16丁。
7,辛未詠草 半紙本,写本,1冊,縦二二六ミリ×横一五八ミリ。玉子色布目表紙。中央上部に「庚未詠草」左下に「翠園」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行。墨付45丁。遊紙5丁。
8,戊辰詠草 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六五ミリ。表紙本文と共紙で,中央上部に「戊辰詠草」左下に「翠園」と墨書。墨付31丁。巻末に遊紙1丁。
9,明治詠草 半紙本,写本,1冊、縦二三四ミリ×横一六五ミリ。黄0色表紙。左肩に「明治詠草」その下に小字で「十二年一月より/十三年」と墨書。本文用紙は青色罫紙、毎半葉10行。墨付98丁。「鈴木蔵書」の陽刻円形(上部が内に折込む)朱印。
10,詠藻 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二三九ミリ×横一六五ミリ。表紙は半紙で左肩に「詠藻」その下に小字で「明治六年一月より」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行。墨付98丁。
11,月奈美集 春ノ部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六八ミリ。表紙は半紙で左肩に「月奈美集」その下に「春ノ部」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付28丁。
12,月奈美集 夏ノ部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六八ミリ。表紙は半紙で左肩に「月奈美集」その下に「夏ノ部」その左下の貼紙に「哥数三百三十八」と墨書。後表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付17丁。
13、月奈美集 秋ノ部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六八ミリ。表紙は半紙で左肩に「月奈美集」その下に「秋ノ部」その左下の貼紙に「哥数三百八十六」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付15丁。
14,月奈美集 冬ノ部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四六ミリ×横一六六ミリ。表紙は半紙で左肩に「月奈美集」その下に「冬ノ部」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付9丁。
15,月奈美集 恋ノ部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四六ミリ×横一六八ミリ。表紙は半紙で左肩に「月奈美集」その下に「恋ノ部」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付5丁。
16,月奈美集 雑ノ部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四六ミリ×横一六八ミリ。表紙は半紙で左肩に「月奈美集」その下に「雑ノ部」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付18丁。
17,類題月奈美集 春之部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六七ミリ。表紙は本文と共紙で左肩に「春之部」左下に「哥員五百二十九首」と墨書。1丁目に序があり,その末に「明治十五年九月 穂積重嶺」とあり,本文の最初に「類題月奈美集/鈴木重嶺編輯」とある。墨付28丁。
18,月奈美集 夏之部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四六ミリ×横一六七ミリ。表紙は本文と共紙で左肩に「夏之部」左下の貼紙に「哥数三百四十三首」と墨書。1丁表に「月奈美集/夏ノ部」とある。墨付18丁。
19,月奈美集 秋之部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六八ミリ。表紙は本文と共紙で右上の貼紙に「秋ノ部 哥員三百十首」と朱書。1丁表に「月奈美集/秋ノ部」とある。墨付16丁。
20,月奈美集 冬之部 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四七ミリ×横一六八ミリ。表紙は本文と共紙で何も書かれていない。1丁表に「月奈美集/冬ノ部」とある。墨付15丁。
21,類題月奈美集 春ノ部稿 小本,写本,1冊,仮綴,縦一九五ミリ×横一二九ミリ。表紙は本文と共紙で,中央に「類題月奈美集 春ノ部稿」と墨書。本文用紙は朽葉色罫紙,毎半葉10行、版心に「みとりの園」とある。1丁目に序があり,その末に「明治十五年九月 穂積重嶺」とあり,本文の最初に「類題月奈美集/鈴木重嶺編輯」とある。墨付18丁。
22,百首詠草 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二三二ミリ×横一五〇ミリ。表紙は本文と共紙で中央上部に「百首詠草/三月十五日従朝五時至夕七時/五十題題詠」と墨書。墨付14丁。
23,花百題百首 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四三ミリ×横一六五ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「花百首百題」とある。1丁表に「保豆美迺重嶺」とある。墨付13丁。
24,奉賀大君長防二州進発歌 半紙本,写本,1冊,仮綴、縦二四〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙は本文と共紙で中央上部に「奉賀/大君長防二州進発歌」と墨書。1丁表に「奉賀 穂積重嶺」とある。墨付10丁。
25,翠園大人記事并長歌 半紙本、写本,1冊,仮綴、縦二四八ミリ×横一七〇ミリ。表紙は朱色罫紙を裏返して使用。中央上部に「翠園大人/記事并長歌」と墨書。本文用紙は青色罫紙、毎半葉10行。一部8行や無罫も混合。墨付46丁。「新年言志歌并短哥」「年のはしめに冨士をみること葉」「冨士山の記」「春の消息文」「鶯をきくこと葉」「桜見の記」等の歌文を収める。
26,勅題朝廷詠進月次 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七五ミリ。表紙は朱色罫紙を裏返して使用。後表紙は無し。表紙右寄り上部に「勅題/朝廷詠進月次」左下に「翠園」と墨書。本文用紙は青色罫紙、毎半葉10行。1丁表に「朝廷詠進月次勅題 鈴木重嶺」とある。墨付4丁。
27,嶋曲の古豆美 中本,写本,1冊,仮綴,縦二〇五ミリ×横一三五ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「嶋曲の古豆美」と墨書。2丁裏に「慶応といふとしの二とせきさらきの頃(みな月)/翠園あるししるす」とある。墨付14丁。
28,たゝことうた 小本,写本,1冊,縦一五〇ミリ×横一〇五ミリ。卍つなぎ江戸茶色表紙。左肩に書題簽,「たゝことうた」と墨書。本文用紙は厚手紙。1丁表に「明治十年なか月 重嶺」とある。墨付21丁。
29,老のすさみ 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四四ミリ×横一六五ミリ。表紙は本文と共紙で中央上部に「老のすさみ」左下に「翠園」と墨書。墨付6丁。
30,憶魯何応斐 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二六二ミリ×横一八三ミリ。表紙は本文と共紙で左肩に「憶魯何応斐 二篇」と墨書。11丁に短冊型の歌の紙を貼付。他に白紙6丁。
31,憶魯何応斐 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。1丁表に「憶魯何応斐 二篇」とある。墨付16丁。
32,憶魯何応斐 小型本,写本,1冊,縦一八四ミリ×横一二三ミリ。黄土色表紙。中央上部に「憶魯何応斐」その下に小字で「二十八年/七月より」左下に「翠園」と墨書。本文用紙は大雅堂製紅色罫紙,毎半葉10行。墨付15丁。他に白紙33丁。
33,憶魯何応斐 横小本,写本,1冊,縦一〇一ミリ×横一五五ミリ。枯色表紙の左肩に「憶魯何応斐」と墨書。本文用紙は文雅堂製水色罫紙,毎半葉10行。1丁表の罫外に「憶魯何応斐」とある。墨付49丁。他に白紙44丁。
34,月並詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉11行。墨付11丁。
35,月並詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉11行・10行混入。墨付11丁。
36,月並詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉11行・10行混在。墨付8丁。
37,月並詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付5丁。他に白紙2丁。
38,月並詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付10丁。
39,月並詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付15丁。
40,歌点折句 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四〇ミリ×横一六五ミリ。表紙は本文用紙と共紙で中央上部に「歌点折句」と墨書。墨付3丁。
41,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。1丁表に「与友見菊 重嶺」とある。墨付4丁。
42,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。1丁表に「詠史漫撰」とある。墨付14丁。
43,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。1丁表に「新年会志」とある。墨付2丁。他に白紙3丁。
44,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。1丁表に「後醍醐」とある。墨付8丁。
45,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七四ミリ。表紙無し。1丁表に「寒山月」とある。墨付3丁。
46,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六五ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付6丁。他に白紙3丁。
47,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一七五ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付9丁。「前田夏蔭」「冨士谷御杖」等の歌もあり。
48,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付5丁。
49,雑詠草稿 中本,写本,1冊,仮綴,縦二二〇ミリ×横一五七ミリ。表紙無し。本文用紙は黒色罫紙,毎半葉10行。1丁表に「いわかたみ」とある。墨付3丁。
50,雑詠草稿 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五一ミリ×横一七二ミリ。表紙無し。本文用紙は黒色四周単辺の匡郭があり,上部魚尾の位置に線を入れている。1丁表に「己丑十月ヨリ草稿」とある。墨付8丁。
51,雑詠草稿 小本,写本,1冊,仮綴,縦一六六ミリ×横一二三ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行。墨付12丁。
52,翠園文稿 半紙本,写本,1冊,縦二三五ミリ×横一五九ミリ。黄色表紙。左肩に水浅葱色の書題簽「翠園文稿」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行・10行,無界のものが混在。「柳上春月」「暁春月といふことを」「教憲講義はしかき 佐渡葛西質著 三巻」「憶魯何応斐の序」等を収録。墨付16丁。
53,翠園文藻 半紙本,写本,2冊,仮綴,縦二三六ミリ×横一六八ミリ。表紙無し。1冊目は,半紙の表紙の中央上部に「翠園文藻」とある。本文用紙は青色罫紙,毎半葉11行・10行・8行が混在。「文化日新序」「御諡号概略」「長歌撰格序」「柳園詠草序」「菅原神社造営之記之跋 明治五年五月 相川県参事鈴木重嶺誌」「鳥の跡序」「佐渡国名所哥集序」「佐渡静間義敬家集序」「柳臨池水といふことを」「河納涼」「本屋敷村拾花邸之記」「開明和歌集序 加藤千浪編輯」「菊を折て瓶にさすこと葉」等を収録。墨付28丁。2冊目は,表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行,半紙が混在。「含翠庵開化題詠序」「類題嶌根集序」「松平忠敬か家集をうつす……」「軒の雫のはし書 明治といふ年の十とせ九月 鈴木重嶺しるす」等を収録。墨付12丁。
54,翠園大人雅言 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一七〇ミリ。表紙は朱色罫紙(逓信省)を裏返して使用。中央上部に「翠園大人/雅言」と墨書。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行・8行、黒色双辺の匡郭,半紙が混在。「老のたはこと 八九叟 翠園」「国歌風調論」「西京を都の歌題によむの当非 橘道守/答」「式嶌の道の説」「甲斐国名勝十五景跋」等を収録。墨付25丁。
55,翠園大人雅調 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七三ミリ。表紙は半紙で中央上部に「翠園大人/雅調」と墨書。本文用紙は青色罫紙で毎半葉10行の3種混合。「屋代柳漁質問 明治七年三月 佐渡にありて翠園しるす」墨付28丁。
56,翠園大人旅迺記 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一六八ミリ。表紙は朱色罫紙(逓信省)を裏返して使用。後表紙無し。表紙中央上部に「翠園大人/旅迺記」と墨書。本文用紙は青色罫紙で毎半葉12行,黒色四周単辺の匡郭上部魚尾の位置に線を入れるもの,半紙が混在。「旅路のすさみ」等を収録。墨付36丁。他に白紙3丁。
57,旅寐のゆめ 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二三八ミリ×横一七〇ミリ。表紙は本文と共紙で中央上部に「旅寐のゆめ」と墨書。末尾に「明治二十二年八月 翠園老人しるす/七十六叟」とある。墨付9丁。
58,旅路の日記 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二三八ミリ×横一六八ミリ。表紙は本文と共紙で中央上部に「癸亥/旅路の日記」左下に「翠園」と墨書。毎半葉7行。「文久の三とせ六月十八日……」と書き始められ,巻末には「文久三とせふみ月故郷にては魂祭る頃浪国なる蓮光寺なるかりのやとりにゐてつれく・なるまゝ旅路の日記の草稿を書あらたむるにこそ/重嶺」とある。墨付33丁。
59,穂積有定草稿 大本,写本,1冊,縦二五八ミリ×横一八八ミリ。黄色表紙。左肩に題簽の剥落の跡のみ。本文用紙は黒色罫紙,毎半葉10行。1丁表に「穂積有定」とあり,左に小字朱筆にて「二十八歳ノ時天保十三年重嶺ト改ム」とある。「快哉園都日記□」「九丘要畧序」「柳をめつること葉」「火をきく詞」「菊の宴の序」「居所といふことを」「待恋」等を収録。巻末に「此文集は重嶺二十五歳まてのを其頃しるし置たる也四五十年経たるけうとても猶つたなしあなく・といはまくのみ/明治十六年五月/七十叟/翠園」とある。墨付22丁。白紙2丁。
60,哥学闘論会 半紙本,写本,2冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一六九ミリ。表紙無し。本文用紙は黒色四周単辺の匡郭,上部魚尾の位置に線を入れる。1丁表に「哥学闘論会」と墨書。1冊目墨付2丁。白紙1丁。2冊目3丁。
61,吐露肝胆再奉諌書 大本,写本,1冊,仮綴,縦二七〇ミリ×横一八八ミリ。半紙の表紙の中央上部に「吐露肝胆再奉諌書 未校」と墨書。本文用紙は珊瑚色で匡郭を印刷。版心上部に「大統歌訓蒙」,下部に「蕉庵居蔵梓」とある。1丁表に「奉諌章に答へたてまつる書 未稿」,巻末に「明治十一年戊子九月十八日哺拝受(朱書) 穂積重嶺」とある。墨付30丁。「柳田氏図書之章」の陽刻円形朱印。
62,屋代柳漁質問 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七〇ミリ。表紙無し。1丁表に「屋代柳漁質問」と墨書。本文は半紙と青色罫紙,毎半葉10行が混在。墨付5丁。
63,乙亥一月屋代柳漁質問 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一六八ミリ。表紙無し。1丁表に「乙亥一月屋代柳漁質問」と墨書。本文用紙は半紙と青色罫紙、毎半葉10行。墨付4丁。
64,巡礼問答 半紙本,写本,1冊,縦二三八ミリ×横一六八ミリ。亀甲菊文様空押赤茶色表紙。左肩に直接「巡礼問答」その下に「完」と墨書。本文毎半葉7行。1丁表に「巡礼問答」とあり,巻末に「巡礼問答畢」とある。墨付72丁。「鈴木図書記」の陽刻縦長方形朱印。
65,詠草 小本,写本,1冊,縦一五四ミリ×横一〇三ミリ。黄土色表紙,後表紙無し。表紙左肩に「詠草」と直接墨書。本文用紙は保寿堂の青色罫紙,毎半葉10行,墨付56丁。他に白紙5丁。
66,詠草 小本,写本,1冊,仮綴,縦一五五ミリ×横一一八ミリ。表紙は本文と共紙で左肩に「詠草」と墨書。墨付19丁。
67,詠草 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七五ミリ。表紙無し。本文用紙は黒色罫紙・青色罫紙混用,毎半葉10行・11行混用。1丁表左肩に「詠草」左下に「重明」と墨書。墨付26丁。重嶺の朱の訂正あり。
68,鈴木重嶺翁追悼会の歌 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六五ミリ。表紙は本文と共紙で中央上部に「鈴木重嶺翁追悼会の歌」とあり,左下に「□ケ瀬喜代子よりかりてうつし畢ぬ」と墨書。子の重明の書写。墨付4丁。
69,知人宿所 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二五〇ミリ×横一七八ミリ。表紙は本文と共紙で右上に「知人宿所」とあり,その下に「いろは分ケ」と墨書。本文用紙は、青色罫紙,毎半葉11行。墨付10丁。他に2葉挿入されている。田口卯吉・中嶋歌子・榎本武揚等の住所が出ている。
70,抄録 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二三五ミリ×横一五五ミリ。表紙は本文と共紙で,中央左寄りに「抄録」左下に「不許他見」右上に「俗神」右下に「下」と墨書。本文右下ノドに「卅九〜五十」と丁付がある。
71,雑覚書 小本,写本,1冊,仮綴,縦一一五ミリ×横七八ミリ。表紙無し。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行,と半紙混用。1丁表に「早春見鶴」とあり。墨付23丁。
72,雑覚書 横小本,写本,1冊,縦一〇〇ミリ×横一四七ミリ。黄土色表紙。本文用紙は青色罫紙,毎半葉10行,墨付13丁。
73,雑覚書 横小本,写本,1冊,縦六八ミリ×横一五〇ミリ。赤茶色表紙の右上に「明治/四十年/宿所外/あらまし/おほへ」と墨書。本文用紙は岩木製の青色罫紙,毎半葉11行。墨付21丁。白紙4丁。
74,雑覚書 横小本,写本,1冊,縦七三ミリ×横一四六ミリ。梔子色表紙。本文用紙は青色罫紙,毎半葉13行,墨付6丁。白紙22丁。
75,雑覚書 横小本,写本,1冊,縦七五ミリ×横一一五ミリ。黄土色表紙。本文用紙は青色罫紙,毎半葉8行,墨付10丁。白紙30丁。
76,旅寐のゆめ 半紙本,洋活字本,1冊,仮綴,縦二三四ミリ×横一六〇ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「旅寐のゆめ」とある。本文は毎半葉13行,全7丁。巻末に「明治二十二年八月 翠園老人しるす/七十六叟」とある。
77,霧積紅葉見の記 半紙本,洋活字本,1冊,縦二二四ミリ×横一五〇ミリ。薄縹色表紙。左肩に子持枠題簽「霧積紅葉見の記」。本文は毎半葉13行,全7丁。1丁表に「霧積紅葉見記のはしがき」とあり,その末に「明治廿二年の冬 三田葆光」とある。巻末に「明治二十二年十一月 須々伎信宜年」とある。
78,千よのたかむら 小本,版本,1冊,縦一八〇ミリ×横一一五ミリ。銀鼠色表紙笹模様。左肩に題簽「千よのたかむら」全21丁。1丁に叙があり,その末に「大久保忠保書」とある。前見返に重嶺の竹笹の絵があり「七十叟/翠園写□」とある。
79,短歌撰格 大本,写本,1冊,縦二六〇ミリ×横一八三ミミリ。白色表紙(藍色の模様)の左肩に書題簽「短歌撰格上下」枠は印刷,文字は墨書。1丁表に「短歌撰格上 橘守部撰述」とある。上33丁,下32丁,全65丁。「翠園」の陽刻縦長方形朱印。重嶺の書写本。
80,故鈴木重嶺翁/追悼歌会報告書 小本,洋活字本,1冊,縦一九〇ミリ×横一二七ミリ。表紙中央上寄りに,飾り罫の中に「故鈴木/重嶺翁/追悼歌会報告書」とある。追悼会の発起人は江刺恒久・佐佐木信綱・金子元臣等。追悼の歌は、前田利嗣・勝安芳・三田葆光・井上頼圀・中島歌子・佐佐木信綱・金子元臣等である。会計の総計は百八拾六円五銭、明治三十一年十二月。全29頁。
81,翠園雑録目次 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六八ミリ。青色罫紙、毎半葉14行,墨付3丁。1丁表に「翠園雑録/目次」とある。
82,翠園和歌集の目録 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一六五ミリ。青色罫紙、毎半葉12行,墨付2丁。1丁表の枠外に「翠園和歌集の目録」とある。
83,書目歌書類 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七〇ミリ。青色罫紙,毎半葉12行、墨付3丁。1丁表に「書目 歌書類」とある。書名の上に「逸見仲印」の如き印やサインがある。
84,書目歌書類 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六七ミリ。青色罫紙,毎半葉15行,墨付2丁。1丁表に「書目歌書類」とある。
85,書目歌書類 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一六三ミリ。山寿堂の青色罫紙、毎半葉12行,墨付4丁。1丁表に「書目 歌書類」とある。「湖月抄 金五円弐五銭 六十冊」の如く金額が入っている。
86,書目 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一六三ミリ。山寿堂の青色罫紙,毎半葉12行,墨付4丁。1丁表に「書目」とある。「湖月抄 四円八十銭」等とある。
87,目録 大本,写本,1冊,仮綴,縦二八一ミリ×横二〇三ミリ。青色罫紙,毎半葉12行,墨付2丁。「県居大人筆 あふひてふ歌 一幅」等とある。
88,目録 大本,写本,1冊,仮綴,縦二八三ミリ×横二〇三ミリ。青色罫紙,毎半葉12行,墨付2丁。「県居大人筆 あふひてふ歌 四拾円」等とある。
89,書目 大本,写本,1冊,仮綴,縦二八三ミリ×横二〇三ミリ。青色罫紙,毎半葉12行,墨付4丁。付「国史類目録」
90,鈴木重嶺短冊 「花始開 思ふ子を見しにまさりて嬉しきはまちしさくらのさけるなりけり 重嶺」
91,鈴木重嶺短冊 「寄橋祝 永き代とよふはしをこそ千よかけてさかゆく家にたくへても見め 重嶺」
92,鈴木重嶺短冊 「松風凉 琴のねに松ふく風はかよへはやまたきにあきをひきよせにけむ 重嶺」
93,先祖書 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四三ミリ×横一七〇ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「先祖書」左下に「勤仕並寄合/鈴木大之進」と墨書。1丁表に「先祖書」とあり,以下,先祖代々の履歴を記す。末尾に「元治元甲子年十二月/勤仕並寄合/鈴木大之進(花押)/子五十一歳」とある。墨付11丁。
94,先祖書 半紙本、写本,1冊,仮綴,縦二四三ミリ×横一七三ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「先祖書」左下に「勤仕並寄合/鈴木大之進」右上寄りに小字にて「丑三月廿五日肝煎佐藤兵庫江差出」とそれぞれ墨書。1丁表に「先祖書」とある。末尾に「元治元甲子年十二月/勤仕並寄合/鈴木大之進(花押)」とある。墨付18丁。白紙1丁。
95,先祖書 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七一ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「先祖書」左下に「鈴木録蔵」と墨書。1丁表に「先祖書」とある。17丁表に「右之通御座候以上/慶応四戊辰年八月/御用人支配/鈴木録蔵(花押)」とある。18丁表に「明細表/鈴木録蔵」とあり、22丁表に「親類書/鈴木録蔵」とあり27丁まで続く。墨付27丁。
96,親類書 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一八〇ミリ。表紙は本文と共紙で,左肩に「親類書」左下に「御勘定吟味役/鈴木大之進」と墨書。墨付7丁。
97,親類書 大本,写本,1冊,仮綴,縦二八三ミリ×横二〇〇ミリ。表紙は本文と共紙で,左肩に「親類書」左下に「御勘定吟味役/鈴木大之進」と墨書。末尾に「右之外近親類無御座候以上/文久二戌年 月/鈴木大之進/重嶺(花押)」とある。前表紙に貼紙にて,書式の注意書き添付。墨付5丁。
98,由緒書/親類書 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七〇ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上寄りに「由緒書/親類書」左下に「御徒目付/松本礼助」と墨書。朱にて「嘉永六丑年/御代替ニ付由緒書親類書差出様御仰渡候ニ付/増減相改本書□役和助相頼差出候事」「本書美濃紙張両番之一張無仰之分/一張ニテ出ス」とあり。1丁表に「由緒書」とあり,16丁表に「親類書」とある。末尾に「元治元子年 月  松本礼助」とある。墨付21丁。白紙1丁。
99,雑録・親類書 半紙本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六七ミリ。表紙無し。墨付6丁。1丁表に「明七申年十二月六日来四月/御移替後其儘候相勤旨……」等とあり,3丁裏に「親類書」とある。末尾に「御勘定吟味役/鈴木大之進/重嶺(花押)/文久二戌年八月」とある。
100 ,親類書 1枚,「親類書/高百俵/内弐拾九石壱斗五升八合八夕五才地方/勤仕並寄合/鈴木大之進……」
101 ,系譜書継 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四四ミリ×横一七〇ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上寄りに「系譜書継」と墨書。弘化元年から元治元年まで。墨付4丁。
102 ,鈴木家法号略記 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四八ミリ×横一六七ミリ。表紙は本文と共紙で,中央に「鈴木家法号略記」左下に「航浦院」と墨書。1丁表に「豆州君沢郡江梨村/航浦院開基鈴木家/累代法号略記」とある。最終丁は半丁。墨付5丁。
103 ,養子奉願候覚 大本,写本,1冊,仮綴,縦二六九ミリ×横一九四ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上部に「養子奉願候覚」左下に「御勘定/鈴木大之進」と墨書。1丁表に「養子奉願候覚」とあり,末尾に「右之外遠類無御座候以上/安政二卯年 月  鈴木大之進」とある。3丁表に「親類書」とあり,11丁表に「遠類書」とある。墨付15丁。
104 ,明細書 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四七ミリ×横一六六ミリ。表紙は本文と共紙で,左肩に「明細書」左下に「佐渡奉行/鈴木大之進/兵庫頭」と墨書。末尾に「慶応元乙丑年十月 鈴木大之進」とある。墨付14丁。
105 ,鈴木家代々法号・系譜(仮題) 大本,写本,1冊,仮綴,縦二七五ミリ×横一九七ミリ。表紙は本文と共紙であるが,書名等は書かれていない。1丁表の1行目に「彩雲院殿前兵庫允鶴翁道仙大禅定門」とあり,以下,鈴木家代々の法号履歴等が書かれている。墨付9丁。
106 ,御手作場畑反別取帳 半紙本,写本,1冊,仮綴,縦二四二ミリ×横一七〇ミリ。表紙は本文と共紙で,中央上寄りに「御手作場畑反別取帳」その右に「明治二己巳年七月」と墨書。末尾に「右之通御座候/元禄四辛未年五月之写」とある。前表紙裏から後表紙表まで書かれている。墨付4丁。
107 ,太政官辞令等・十一枚
 1,「鈴木稲城/任相川県参事/太政大臣従一位三条実美宣/大内史正五位土方久元奉/明治四年辛未十二月八日(「太政官印」陽刻方形朱印)」
 2,「鈴木稲城/任相川県参/事/右/宣下候事/辛未十二月八日/太政官」
 3,「鈴木重嶺/叙従六位/太政大臣従一位三条実美宣/大内史正五位土方久元奉/明治五年壬申十一月十日(「太政官印」陽刻方形朱印)」
 4,「相川県参事従六位鈴木重嶺/兼任六等判事/太政大臣従一位三条実美宣/大内史正五位土方久元奉/明治八年六月五日(「太政官印」陽刻方形朱印)」
 5,「相川県参事/兼六等判事/従六位鈴木重嶺/任相川県権令/兼六等判事如故/太政大臣従一位三条実美宣/大内史正五位土方久元奉/明治八年七月十九日(「太政官印」陽刻方形朱印)」
 6,「従六位鈴木重嶺/叙正六位/太政大臣従一位三条実美宣/大内史正五位土方久元奉/明治八年九月廿日(「太政官印」陽刻方形朱印)」
 7,「相川県権令正六位鈴木重嶺/管下佐渡国加茂郡吉井上/町出火ノ節罹災ノ者為救/助金三円拾五銭差出候段/奇特ニ候事/明治八年十月三十一日/太政官」
 8,「相川県権令正六位鈴木重嶺/学校資トシテ金三拾円/差出候段奇特ノ事ニ候/依テ為其賞別紙目録/之通下賜候事/明治八年十一月九/太政官」
 9,「相川県権令兼六等判事鈴木重嶺/依廃県免兼官/明治九年四月十八日/太政官」
 10,「正六位鈴木重嶺/叙従五位/太政大臣従一位三条実美宣/大内史正五位土方久元奉/明治九年四月廿九日(「太政官印」陽刻方形朱印)」
 11,「正六位鈴木重嶺/多年県官奉職中/格別勉励候ニ付特旨ヲ以位一級被進候/事/明治九年四月廿九日/太政官」
108 ,明細短冊/其外短冊/張込 大判,写本,1綴,縦三三八ミリ×横二四〇ミリ。全2丁。1丁表の中央上寄りに「明細短冊/其外短冊/張込」左下に「鈴木扣」と墨書。鈴木家に関する石高・役職等の別紙を張込む。
109 ,航浦院縁起 横巻紙,1枚。1行目に「航浦院縁起」末尾に「重家十四代/鈴木三郎左衛門尉/明暦三丁酉八月四日穂積繁義」とある。
110 ,親類書 横巻紙,1包,3枚。「親類書」「御家内書」他に日比野清作のもの1枚。
111 ,親類書 横巻紙、1包,1枚。「親類書」岡本ませのもの1枚。
112 ,縁組取結諸拾宝元帳 横綴じ,1綴,3枚。1枚目は縦書きで,中央に「縁組取結諸拾宝元帳」右に「元治二乙丑年」左に「三月吉辰」左下に「鈴木奥」と墨書。
113 ,実名花押 1枚。「実名/資常/皈納/字昌(花押)/穂積重嶺/穂積氏(陽刻方形朱印)/重嶺之印(陰刻方形朱印)」
114 ,蔵書献納の事 1枚。「第三大区五小区/牛込神楽坂町一丁目五番地/鈴木重明父隠居/鈴木重嶺/其方儀処蔵/之書籍修史/館エ献納候段/奇特之儀ニ付/為其賞金拾/円下賜候事/明治十年二月二十七日/東京府(「東京府」陽刻方形朱印)」
115 ,大蔵省記録局の書籍借用証 大蔵省赤色罫紙1枚。「証/一 翠園雑録 弐拾五冊/…(略)…/通計六拾弐冊/右之書類正ニ借用候也/明治十一年六月廿五日 記録局(「大蔵省記録局之印」陽刻方形朱印)/鈴木重嶺様」
116 ,勘定奉行へ届 1枚。養子の届。
117 ,全龍寺の覚書 1枚。「一 金五拾匹宛/但盆暮/…(略)…安政二卯年七月 全龍寺(黒印)/鈴木大之進様」
118 ,正徳度大久保村飛地の事 1枚。「差上申一札の事」とある。正徳六年二月廿二日の飛地に関する覚書の原本。
119 ,祝日大祭日唱歌歌詞作成の礼状 1枚。文部省辞令用朱色罫紙。末に「明治二十六年七月七日 文部大臣井上毅/鈴木重嶺殿」とある。
120 ,御布告并諸進達扣綴込 1綴。約縦二七〇ミリ×横二〇〇ミリ。表紙中央に「御布告并諸進達扣綴込」右に「従明治四年」左に「辛未三月」と墨書。その左に「至同五壬申十二月」と朱書。左下に「鈴木氏」と墨書。墨付全228枚(一部洋活字)。書類の一部を掲げる。
 ◎「私儀/若年之頃より/皇願学歌道執心ニ而村山素行伊庭秀賢/教授を受凡四十年来引続修業罷在候/併生質魯鈍ニ而至而未熟ニ候得共追々教授/申込候もの有□候ニ付牛込山伏町拝借邸ニ/相以て私塾開業仕度此段奉願候以上/辛未/七月九日/元田安/東京府貫属士族/鈴木稲城/東京府/御庁」
 ◎「私儀/今般為/皇学歌道修業牛込山伏町拝鈴木稲城方へ三ケ年/入塾仕候此段御届奉申上候以上/辛未/七月廿三日/京都府□原士族/橋本鱗太郎/東京府/御届」
 ◎牛込山伏町通りの鈴木家邸図面(「第三大区五ノ小区/相川県参事/士族/鈴木稲城拝借邸/四百拾壱坪余」)
121 ,御布告并諸進達留 1綴。約縦二八五ミリ×横二〇〇ミリ。表紙中央に「御布告并諸進達留」右に「従明治六癸酉一月」左下に「鈴木」と墨書。墨付全287枚(一部洋活字)。
 書類の一部を掲げる。
 ◎「別紙之通被仰出候ニ付テハ最前御渡御相成候各/省事務章程中此権限ニ抵触矛盾スル者ハ被廃止候/条此旨相心得事/明治六年五月二日 太政大臣三条実美」「勅旨/明治四年辛未七月制定スル所官省ノ位置職/員ノ権限各其序を得ルト雖モ当今ノ時勢現/務上ニ於テ或ハ

其弊ナキ能ハス故ニ太政官職制章程ヲ閏飾ス百官其レ之ヲ奉承セヨ/明治六年五月二日」「太政官職制/天皇陛下親臨/……明治六年五月二日奉勅 太政大臣三条実美」
 ◎「歌学開業/第三大区五小区/牛込南山伏町六番地/東京府貫属士族/相川県参事/鈴木重嶺/入塾生/第四大区小一区/小川町四十三番地/東京府/橋本定久厄介/真嶋景耀/一入塾生徒男壱人」
 ◎「第三拾九号/太政官第十八号御布告(第一条〜第十四条)……右之通被仰出候間市在区々無洩可触知モノ也/明治六年/一月二十八日 東京府知事大久保一翁」
 ◎「先般御布達ニ付洋犬壱疋所持/仕候趣書上候処去月十六日右犬/紛失仕候間詰方穿鑿仕候得共/行衛相知不申候依之此段御届/申上候以上/明治六年第五月/第三大区五小区/牛込南山伏町六番地/東京府貫属士族/相川県参事/鈴木重嶺 印」
 ◎「明治六年十一月五日 右大臣岩倉具視/出訴期限規則/第一条/一 学芸の授業料/……明治六年十二月三日 鈴木重嶺」
 ◎「実家復籍願/第七大区五小区下目黒村十番地/東京府士族/高現米拾三石壱斗 松本誠継/十七年六月/右誠継儀明治三年三月廿九日養父龍智家督/相続罷在候処今般無余義事情有之候ニ付……明治十年六月/鈴木広厚/鈴木重明/松本誠継/松本龍智/東京府知事楠本正隆殿」
122 ,覚書 1枚,「吉川様……」
123 ,覚書(航浦院回向料) 1枚,「覚/銀 三枚……」
124 ,預り申金子証文之事 1枚,「一金三拾両也 但し通用金/…」常修院より谷福寺宛。
125 ,家督相続の事 1枚,「鈴木兵庫/養子/同録蔵/病気ニ付願之通/隠居□ 仰付/家督録蔵ニ/取下候」
126 ,扇子箱等の目録 桃色紙1枚,「覚/一 扇子箱 一台/…目録惣数 拾六」
127 ,扇子箱等の目録 1枚,「豊田様/覚/一 扇子 一台/志ら賀 一台/鰹節 一連/右十兵衛様/奥方様……」
128 ,吉川圭三郎親類書 1枚,「実母方…右者表向親類同様為取交仕候以上/丑三月 吉川圭三郎」
129 ,借用証書 1枚,「奉拝借御金請取/一類金拾弐円也/…明治十一年第九月二十四日/□□貞五郎(花押)/鈴木重嶺殿/尊邸御中」
130 ,譲渡申田地之事 1枚,「譲渡申田地之事/…文化十一酉年七月廿九日/大久保村……」
131 ,(相致書) 1枚,「相致書/貞敏病死……重嶺/貞知殿/重明殿」
132 ,重嶺宛吉田次郎書簡 1枚,「……十一月十四日 吉田次郎(印)/鈴木老台様」
133 ,重嶺宛吉田次郎書簡 1枚,「……二月四日 吉田次郎(印)/鈴木老台様」
134 ,重嶺宛滝村鶴雄書簡 1枚,「……四月二日 町村鶴雄/鈴木先生/侍史」
135 ,重嶺宛書簡 1枚,「……二月十五日 □□/鈴木老台様」
136 ,重嶺宛書簡 1枚,「……五月初七/鈴木詞伯……」
137 ,重嶺宛南部信近書簡 1枚,封筒入り。末尾に「四月廿九日 南部信近/鈴木重嶺殿/磯部最信殿」とあり,その後に二伸がある。
138 ,家督相続願書 1枚,「御役 御免隠居家督之儀奉願候書付/給禄拾人扶持/御役金三百両/元開等方督事/松本直一郎/午三拾九歳/養子惣領/松本利三郎/午拾七歳……明治三午年二月 松本直一郎(花押・印)/水野権十郎殿/鈴木稲城殿」
139 ,(会議録草稿) 大蔵省・黒色罫紙,毎半葉8行,墨付7丁。四月十五日から五月十二日までの記録。「五月二日議長身御用ニ付代理神田孝平」等とある。
140 ,(旧静岡藩士育英事業趣意書) 半紙本,1冊,仮綴,縦二四三ミリ×横一六五ミリ。表紙無し。赤色大蔵省罫紙,毎半葉13行。墨付8丁。1丁表に「奎運維新而テ我幕府数万ノ士其帰趨一ナ/ラス各党分裂互ニ相仇視ス尋テ静岡ニ封セラルヽ/ト雖モ……」と書き始め,末尾に「発起/松平太郎/鈴木重明」とある。以下は,社則一条〜廿五条の草稿。
141 ,添地之儀奉願候書付 半紙本,1冊、仮綴、縦二四二ミリ×横一六五ミリ。表紙無し。1丁表に「添地之儀奉願候書付/鈴木大之進」とあり,末尾に「絵図面相添此段奉願候以上/未十

一月鈴木大之進」とある。墨付2丁。
142 ,和歌等雑記 半紙本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一七五ミリ。表紙無し。青色罫紙,毎半葉10行。墨付15丁。「塙忠宝・畠山梅軒・萩原宗固・萩原広通・原久胤・伴信友・小山田与清・加茂季鷹」等が見出しになっているが,多くは白紙状態である。
143 ,詠草等雑記 半紙本,1冊,仮綴,縦二四五ミリ×横一六五ミリ。表紙無し。丹色罫紙を裏返して使用。1丁は「七月小集兼題当坐歌」を裏返して利用。墨付5丁。
144 ,詠草等雑記 小本,1冊,仮綴,縦一五五ミリ×横一〇六ミリ。表紙無し。黒色罫紙を裏返して使用。墨付6丁。白紙5丁。
145 ,詠草雑記 半紙、2枚,「行路月・雲間月・名所月・山家菊・松間紅葉」等とある。
146 ,詠草雑記 青色罫紙、毎半葉10行。墨付2丁。初めに「みちのくに遊ひける時よめる歌 松浦詮」とある。
147 ,詠草雑記 名勝雑誌社の躑躅色原稿用紙、27字×26行。3枚。
148 ,詠草雑記 青色罫紙,毎半葉11行。4枚半。「上古ハ神なからの道の外なかりしを……」とあり,「延喜式・同神名帳・公事根源・職原抄……」とある。
149 ,詠草雑記 青色罫紙,毎半葉8行・9行・10行・11行混合,8枚。
150 ,類題月奈美集等 江戸茶色罫紙,毎半葉10行,版心に「みとりの園」とある。一括9枚。1枚には「類題月奈美集/鈴木重嶺編輯」とあり,1枚には「今やうのうた」とあり,1枚には「詠山田之曽富勝歌」とあり,2枚綴のものには「長歌/詠詩花哥 正二位三条西季知」とある。
151 ,重嶺草稿 1枚,「重嶺/詠感思在秋天謌」
152 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,末尾に「明治の十三年といふとしさ月のはしめ駅路の鈴木の/重嶺」
153 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,「宇比山婦美序」「明治といふ年の十まり四とせ五月/鈴木重嶺」
154 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,「天尓遠波変□弁おく書」「明治十五年三月 鈴木重嶺」
155 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,「松のみさをはし書」「明治二十一年五月 穂積重嶺しるす」
156 ,重嶺草稿 1枚,末尾に「明治二十一年五月 穂積重嶺」全2枚〜3枚の内の末丁か。
157 ,重嶺草稿 2枚,「花くはし……/明治二十一年九月穂積重嶺しるす」
158 ,重嶺草稿 1枚,「北川平内ぬしは……/明治二十二年 五月 鈴木重嶺しるす」
159 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,末尾に「明治二十三年十二月穂積重嶺誌」
160 ,重嶺草稿 1枚,末尾に「明治二十五年四月 従五位穂積重嶺しるす」
161 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,末尾に「明治三十年七月鈴木重嶺しるす」
162 ,重嶺草稿 青色罫紙,1枚,「七十になりける/としのはしめかし/重嶺」
163 ,重嶺草稿 1枚,「重嶺/川納涼」
164 ,重嶺草稿 1枚,「日本文学の社長におくる」「七十五叟/翠園老人」
165 ,重嶺草稿 1枚,「重嶺/落葉」
166 ,重嶺草稿 1枚,「原始祭 唱哥/……鈴木重嶺」
167 ,翠園のうし…… 珊瑚色縦縞紙、1枚。
168 ,松宇逸人書 2枚。
 1,「鶴舞千年樹/松宇逸人書」
 2,「あつさゆみいそへの小松/……松宇逸人書」
169 ,茶農光人書 1枚。「戊子夏日為/鈴木君衛/茶農光人時年七十六」
170 ,雑筆・草稿等零葉 50枚。
                             【以上,170点】

 

鈴木重嶺メニューにもどる
はじめにもどる