井関隆子の女性像

                              深沢 秋男

 

 1、井関隆子の生涯

 

 井関隆子(いせき・たかこ)は、幕末を生きた一旗本夫人であった。天明5年(1785)6月21日、江戸・四谷表大番町で生れた。現在の新宿区大京町26の辺である。父は大番組・庄田安僚である。

 隆子の実家の庄田家は、3千石の旗本、庄田安信を祖とする庄田家の分家である。庄田本家の第3代安勝は長男安利に2千6百石を与え、次男安議に4百石を分知して、これを分家とした。

 安議を祖とする分家の庄田家は、延宝5年(1677)3月、四谷表大番町に6百60坪余の屋敷を拝領した。隆子はここで生れ、育った。

 父は、分家4代の大番組・庄田安僚で、隆子には、3人の兄、3人の姉、1人の妹がいた。

 父・安僚は、隆子が8歳の時に没したので、隆子は母親と長兄・安邦の下で成長した。

 20歳の頃、大番組の松波源右衛門と結婚したが、間も無く離婚し、しばらく実家にいたが、30歳の頃、納戸組頭・井関親興の後妻として井関家へ嫁いだ。

 嫁ぎ先の井関家は、江戸城に近い九段坂下の飯田町にあった。これは、井関家が代々、小納戸組や広敷用人など、将軍の側近くに仕える家柄であったためである。

 隆子を幼い頃から養育した兄の安邦は、兄弟の中でも、特に学問に傾倒していて、漢籍・漢詩等に詳しかった。このような環境もあり、隆子は早くから日本や中国の古典に親しんでいたものと思われる。

 最初の結婚がうまくなく、離婚して、しばらく実家に居たが、この頃は書を読み、歌を詠じる日々であったと想像される。

 また、井関家に嫁いでからも、暫くは旗本の主婦として多忙であったと思われるが、12年後に夫・親興が没し、家督を子の親経が継いだので、家庭の切り盛りも、親経の妻が引き継ぎ、隆子は悠々自適の生活を送ることになる。このような生涯を見わたすと、家庭環境の上でも時間的にも、比較的に自由に、文筆の道に打ち込む事ができたものと思われる。

 隆子は、古学を教える塾に学んだり、冷泉流の老女に歌の指導を受けたり、また、国学者の林国雄を家に招いて講釈を聞いたりしたようであるが、いずれも満足できるものではなかったようである。

 結局は、賀茂真淵や本居宣長などの国学関係の本を読んで、独学で古典の知識を身につけ、教養を蓄えていったものと推測される。

 

 2、井関隆子の著作

 

 1、『井関隆子日記』

昭和女子大学・桜山文庫蔵(鹿島則幸氏旧蔵)

自筆本、大本、12冊、合計966葉、毎半葉11行、1行約29字、挿絵18図、鹿島則文・鹿島敏夫の識語を付す。

 内容は、天保11年1月1日から同15年10月11日までの日記。著者56歳から60歳までの5年間であるが、毎日記されている訳ではなく、全1753日間の内、898日について記されており、1日の分量も小は2行程度のものから、大は12葉に及ぶものもあり、必ずしも一定していない。各年の分量は、最初の11年が最も多く4冊、以後は各2冊と半分になっている。これは、12年以後、年中行事などの記述を省いたためと推測される。

 

 2、『さくら雄が物語』

東北大学・狩野文庫蔵(仮名垣魯文旧蔵)。

自筆本、全39葉。

 主人公・桜雄は、荏原の君と桜の精との間に生れた男の子であるが、花のように匂い、光るばかりに美しく、その評判は江戸中に広まった。成人すると求婚者が次々とあわわれ、親は豊かになって喜んだが、桜雄は全ての相手を拒絶して、桜の花の咲き乱れる頃、愛宕山の麓の川に投身して死んでしまう。その川をいつからか桜川と呼ぶようになった。

 『竹取物語』・『伊勢物語』・『源氏物語』などの構想をかりて創られた物語。天保9年の成立。

 

 3、『神代のいましめ』

昭和女子大学・翠園文庫蔵(松本誠氏旧蔵)。翠園叢書・巻26。全27葉。他に、学習院大学に、この本の転写本が所蔵されている。

 主人公は、徳川幕府の老中首座にある某の少将で、現実生活では、何不自由なく、満ち足りた生活を送っている。しかし、少将は、人間わざでは出来ないような事をしたいと思い、ある日、神に祈願して隠れ蓑笠を入手する。この蓑笠に身を隠し、透明人間となった少将は、自分の家や、家臣の家・友人の家、江戸市中をこっそり見て回る。そして、予想もしなかった、人間の表裏の二面性を知ることになる。

 『拾遺集』・『狭衣物語』・『宝物集』等を通じて平安朝の散逸物語、『隠れ蓑』を想に浮かべて1編の物語にまとめたもの。天保10年以前の成立。

 

 4、『いなみ野』

 同志社女子大学の吉海直人氏所蔵の写本『物かたり合』の中に収録されている。この写本は墨付全54葉、当時の文化人、前田夏蔭・臼井房輝等と共に、第18番目に隆子の『いなみ野』6葉が収められている。

 播磨の国、印南野(兵庫県、加古川と明石川の間に広がる平野)に1人の男が住んでいた。男は教養もあり、容貌も美しいので、娘を持つ親たちは、是非とも娘の相手にと望むが男は結婚する気にならない。

 6月の夕方、男は涼を求めて野に出る。若萩があちこちに咲く野原に、1段と高く穂をなびかせる1むらの尾花があり、その蔭に艶かしい女が立っていた。この辺の領主の娘だとのこと。2人は意気投合して、歌の贈答をしている間に、男はその妖艶さに惹かれて言い寄ると、女は「いな」とのみ答えて姿を消した。そんな事から、この野原を「いなみ野」と言っている。

 この作品は、草花の中では、薄・尾花が第1であるという隆子の思いを物語の世界で描いたものと言える。

 

 5、『井関隆子長短歌』

昭和女子大学・翠園文庫蔵(松本誠氏旧蔵)。翠園叢書・巻26。全10葉。3首の長歌と反歌を収めるが、これは、佐渡の家人・蔵田茂樹に隆子が書き贈ったものを、茂樹の子の茂時が転写して、佐渡奉行の鈴木重嶺に献上して『翠園叢書』に収録されたものと思われる。これらの歌は、字句に多少の異同はあるが、『井関隆子日記』にも収録されている。

 

3、井関隆子という女性

 

1、確かな歴史意識と人間認識

隆子は、『日記』の中で、次のような事を書いている。(天保11年3月3日)

 古い時代の物語などを読んでいると、その中に当時の人間の有様がよく伝えられているように思う。人間そのものは、基本的には変らないにしても、人間社会の組織や生活の仕方は、時と共に変化してゆき、時代を経るに従って過去の様子は失われてしまう。しかし、それぞれの時代に創られた文学を読むと、その中には、当時の人々の様子が、生き生きと伝えられているもののようである。

 現在、目の前にしている様々な出来事を書き止めていると、周囲の人々は、あまり意味のない事のように思うかも知れないが、何百年も経過すると、この目で見た大江戸の有様が文学の中に伝えられ、貴重な記録にもなるのである。

 このように記す隆子の意識の中には、自分の生きている時代を、過去・現在・未来という時間の流れの中、つまり歴史の中でとらえようとする姿勢がみてとれる。そして、その流れゆく歴史の中に、生き物としての人間をおいて、みつめようとしている。

 1日1日と過ぎてゆく日々は、同じ日のようではあるが、実は同じ日は、再び廻っては来ない。だから、この1日1日を大切に思い、大切に生きてゆかなければならない。隆子は、流れて止まる事のない時間の中で、生きた人間をとらえ、そのはかなさを自覚して、1日1日の大江戸の様子や、自分の心に映じた事々を書き残したのである。

 『万葉集』の時代も、インターネットの電波が行き交う現在も、人間そのものの存在には、本質的に変りはないのである。この人間不変の基本を忘れて過去の文化を取り扱っては、十分な理解は得られない。隆子は、この点もしっかり認識している。見上げた女性であった。

 

2、        江戸・天保期の批評者

5年間に亙る『日記』から推測するに、隆子は決して激する事がない。常に冷静な判断力を失わない女性であった。しかし、その事が、彼女の真の姿であったとは思われない。理知的で冷静で、感情に走らならない人間の、その内奥には、極めて厳しく激しい批評的精神が蔵されていたものと思われる。そうでなければ、これほど、身の回りの出来事に反応できるものではない。

 隆子の第一の特色は、この批評精神にあると思われるが、それは、成長するに従って身に着けたというよりも、彼女自身が持って生れてきた、いわば天性とも言うべきものであったように思う。

 隆子は、幼い頃の思い出として、四谷の長安寺の僧侶の托鉢一件を書き留めている(11年6月8日)。堂塔建立の資金集めだという、好色僧の底意を逸早く見抜いた少女の直感の鋭さは、彼女の批評の原点を見る思いがする。外界の様々な事象に接して、瞬時に発する直感的判断力、これがない批評には鋭さがみられず、魅力に乏しい。隆子は、その鋭さを備えていたと思う。

 人間は、若い時は鋭く感じ、激しく振る舞う。そして、年と共に鈍化しておとなしくなる。しかし、天性の批評者は老化してなお、激しく厳しい批評精神を失わない。隆子は、そんな女性であったように思う。

 国学者の林国雄は、天保10年に60歳で他界している。これに対する隆子の批評は厳しい(11年11月6日)。林は『言葉の緒環』という著書を出版した。読んでみたら不審な点が多いので問い合わせたところ、その返事たるや、全く的外れのものであった。この者が昨年他界したという事であるが、いつまでも生き長らえて、世間に迷惑するような書を書くよりも、早く他界したのは宜しい事である。

 これが一年前の死者に対する彼女の評言である。そして、その理由を丹念に説明しているのである。これは誰にでも出来る批評ではない。

 当時の国学者の多くは、賀茂真淵や本居宣長の研究を通して国学を学んだ。しかし、その学恩も忘れて、真淵や宣長の著書の小さなミスを見つけて、針小棒大に吹聴して、自分を売り込もうとする輩が少なくない。こんな現実を見た隆子は次のように批判している。(11年2月26日)

 学問の上で間違った説があった場合、たとえそれが自分の先生の説であったとしても、後から訂正するのは当然の事である。しかし、批判するにしてもルールがある。すでに他界してしまった人は、いくら批判されても反論はできない立場にある。その点を十分注意して批判すべきである。彼女のこの意見は、現在の私たちの周りを見ても通用するだろう。

 隆子の批評活動は諸方面にわたっている。『日記』後半は、ちょうど天保の改革と重なる。そのために、当時の幕府の政策への言及が多くなる。そこに示された隆子の意見は、現在からみても、かなり的確・妥当なものとなっている。それは、子の親経や孫の親賢から報告される、江戸城中の情報が迅速で正確なものであった事と関連しているものと思う。親経も親賢も、隆子への報告は、口頭でも伝えているが、内容によっては記録して伝えていたのである。

 隆子は子供のころから、年齢の割には大人びて才気ばしった女の子であった。また、実家の四谷の辺りは、山里故に、よく蛇が出て、これを母が大変きらった。隆子は母のためにと、折々蛇を取り殺したとも記している。女性でありながら芯の強い子供であったらしい。

 隆子は、外界の諸事象を感受した時、瞬発的に反応する、善悪・美醜等々に対する判断力を備えた人物であったようだ。そして、この天性の内部に蔵された批評的精神は、年老いても衰える事無く、死の直前の『日記』に、日本における天皇と将軍・幕府の関係について、長文の批評を記しているほどである。

 

3、        豊かな学識と合理的見識 

 隆子の『日記』や著作を読んで気付くことは、その読書量の多さである。日本の古典や歴史書、中国のものも多い。それらが単に知識的に引用されているのではなく、彼女自身のものとして十分に咀嚼され、消化されて摂取されている。そして、自分の文章を書く時、それらが自由自在に活用されているのである。過去の典籍は、彼女の肉体と感性とを通過したとき、新たな江戸天保期の作物として生れ変るのである。

 隆子は、これだけ多くの古典を、どのようにして入手し、読んだのであろうか。『栄花物語』などは20年も前にある人から譲り受けたものであるというし、『浜松中納言物語』や『万葉集略解』を書写したものを広大院に献上したりしている。

 おそらく、隆子は最初の結婚の前に、すでにかなりの古典を学び、離婚後は一途に勉学に励んだのであろう。とすれば、井関家へ嫁ぐ時には、かなりの写本や版本を持って来たものと思われる。

 それに、九段坂下の隆子の家の、道路ひとつ隔てた向かいには、新見正路の広い屋敷があった。この正路と隆子は縁戚関係にある。新見伊賀守正路は、大坂奉行・小姓組番頭格・側衆を勤め、『徳川実紀』の編纂にも参加した人物である。また、その蔵書は「賜蘆文庫」といって、蔵書家としても名高く著作も多い。隆子は、この近所の親戚の新見家によく遊びに行っている。正路も学問好きの隆子に温かく応対している。おそらく、この正路のコレクションも見せてもらっていたものと推測される。

 このようにして、若い頃から読書に励んでいた隆子であり、井関家へ嫁いでからも、夫の親興、子の親経、孫の親賢と共に、歌を好み、香道や鼓に励む、言ってみれば武よりも文を好む家庭環境の中で、彼女の学問的知識は深められていったものであろう。

 隆子は迷信を信じない。実に合理的な考え方の持ち主である。家相見、地相見、墓相見などいずれも不用であると言う。また、こんな事も言っている。

 蘭学者は、地球の大きさや深さ、周囲の長さ、月や太陽までの距離などを断定的に言う。また、紅毛人(西洋人)は、地球は円いと書物に出ていると言う。実際自分で見ていないのに、断定的にいう事は納得できない。全て推測ばかりである。未知の場合は、実際そうであろうか、どうであろうか、と言うように推測すべきである。証拠もないのに断定してはいけない。この天地の有様を完全に知りたいと思うならば、1度、この地球から出て、遠くから観察しなければ、断定は出来ないだろう。隆子は実に合理的な考えを持っていたのである。

 この部分を読んだドナルドキーン氏は「彼女が早くも人工衛星を予見していたとも思われるではないか!」(『百代の過客』)と評している。

 また、隆子も55歳になり、両親や兄姉なども他界して、その法事の案内が年に2、3回は届く。この仏事について、このように記している。

 他界した人の法要も古くは行わなかったようであるが、現在は当然のように行うようになった。家計が苦しい人は、その費用のために借金をしても行う。大変苦しいことであるが、菩提寺から法要日の案内があって、断ることも出来ずに執り行うが、このような法事は無用の事である。

 今は、大方の人が仏教に傾いているようであるが、法事のために寺へお参りした人々は、お経を聞いても、訳はわからず、ただ、うるさいと思っている者が多い。人の代りに来た男などは、座っている足も痛いので、早く読経が終って欲しいと、陰であくびをして、早く物を食べたいと、それが待ち遠しい様子である。

 法事の料理が良ければ、心を入れた法事だと誉め、質素な料理だと、省略した法事だなどと言う。誉めるのもけなすのも、料理によってである。

 また、法事を行う施主とても、今日の法事は心がこもっていて、誠に尊いものである。これで亡くなった人もきっと成仏してくれるだろう。などと思う信心深い人はめったにいない。かりにそのように思う人がいたとしても、それは賢明な人とも言えない。

 この条に対して、渡辺京二氏は、「これを読んで私はわが眼を疑う。これは現代の法事の様子を述べた文章ではないのか。……天保年間に、江戸人がこれほど脱宗教化を遂げていようとは、この一事をとっても、江戸期はまさにアーリイモダンであったとせねばなるまい。」(『江戸という幻影』)と評している。

 隆子は、迷信や仏教的な奇蹟等を信じることはせず、かなり合理的な考えの持ち主であったと言うことが出来る。

 

 4、旺盛な好奇心と執筆意欲

 隆子は極めて好奇心の旺盛な女性であった。『日記』の中には18図の風俗的な絵が描かれている。これらを見ても、それは分かる。中には、旗本・牧義制の秘蔵する蛇の角や足の絵、河童の彫像、浅草の見世物・眼力太夫、深川永代寺の八幡の別当に戯れる陰間等々、隆子はこれらの珍しい物に興味津々である。何事にも身を乗り出して覗き込むような、好奇心のかたまりのような彼女の姿が想像される。そうでなければ、これだけの、綿密な絵や、膨大な日記を後世に残す事は出来なかったであろう。

 隆子は猫が大嫌いである。大嫌いならば猫の事など、書かなければよいのである。しかし、彼女は、これを延々と書き続ける。大嫌いのはずの猫の習性や仕種、飼い主の対応など、実に見事に書き残している。

 こちらが食事時だというのに、隣家では百姓がトイレの汲み取りに来ているらしく、その臭いには、実に閉口する、と嘆く。そんなにいやな話題ならば、書かなければ済む事である。しかし、隆子は、この大江戸の糞尿の処理の仕方から、下肥を担ぐ百姓とのエピソードなど、これも延々と書き継いでゆく。この気品のある雅文でもって、そこまで書かずとも良いではないか、と読者の方が声を上げたくなるほどである。しかも、下品に流れない。

 天保11年から15年までの5年間、著者自身の内部の心象風景の表出から、外界の様々な事象へと、視点は転換していったけれど、日記する事への意欲は衰える事なく、さらに一層活発に持続してゆく。そして、時代の批評者としての本領を発揮していった。

 隆子は旺盛な好奇心と、現実の様々な出来事に対する、尽きることのない興味に支えられた執筆意欲とによって、時代の記録者・批評者として、この時期を生き抜いた女性の1人であった。

 

5、        旗本夫人の誇りと気品

 井関隆子は、旗本夫人としての誇りを持ち、どこまでも自らの生き方を崩すことの無い、気品を備えた人物であった。彼女は歴代、徳川家に仕える旗本、庄田家に生まれた。一旦は同じ旗本・大番組の松波家に嫁いだが、故あって離婚、これも古くから徳川家に仕える旗本、井関親興の後妻として井関家に嫁した。

屋敷は江戸城に近い九段坂下にあった。夫の親興は文政九年(1826)、隆子42歳

の時に没したが、子の親経はその後出世して広敷用人、家斉の正室・広大院(松の殿)の掛となり、孫の親賢も小納戸衆となって、井関家は経済的にも極めて恵まれた状況であった。

隆子は、草花の中では薄が大好きであり、自分の庭にも薄をたくさん植えて鹿屋園と

名付け、自分のことを、鹿屋園(かやぞの)の庵主(いおぬし)と称していた。雨に濡れて輝く若葉の緑に感激し、風雨に吹き倒される草花に心を痛め、その小さな花園の様子から、しばしば、広い野原を想像し、過去に母や兄や姉やと共に遊んだ体験とも重層させて、四季折々の自然の美しさを味わっている。

 隆子は、秋の草花の中では、薄が第一であり、その司であると言っている。夏から秋にかけて、早く穂を出し、他の草花を従えるように、一段と高く抜きん出て、すくよかに伸び、白い穂を靡かせて人々を野原に招く。そんな薄に惜しみない賛辞を与えた。ここに、彼女の一流の美的センスがある。これほど、薄の美を称えた者は、日本の歴史上に見つけることは出来ない。この薄・尾花の美しさを作品化したのが『いなみ野』である。

 隆子は、密かに、この薄に徳川将軍家を象徴としてイメージしていたのかも知れない。日本全国の諸大名を従え、天下に君臨する徳川幕府、その将軍のお側近くお仕えしている旗本の一員としての誇りは高かった。

 隆子の『日記』には、様々の内容が書き込まれている。特に風俗・風習に関するものは多方面に及んでいる。中には、地獄売春、ふたなり、相対死に、駆落ち、鼠小僧、遊女の放火事件、女髪結、奥女中と僧侶の事件等々、内容的には、かなりきわどい話題も自由自在に書き止められている。しかし、決して下品に流れる事はない。品位を保った文章で表現されている。これは、とりもなおさず、隆子自身の品位が高いという事である。

 隆子は、十分な教養を身に付けた、鋭い批評眼の持ち主であり、旗本夫人としての誇りと、人間としては気品のある女性であったと思われる。

 隆子が、徳川幕府の行く末をどのように考えていたかは、今、問うすべはないが、歴史の上では、隆子没後25年にして15代続いた徳川幕府は瓦解した。そして、隆子の書き残した文章は、平成の現在も見事に伝わり、燦然とその文章の光を放っているのである。

 

6、        敬愛された母・祖母

 これまで、井関隆子の人となりについて、幾つかに分けて述べてきた。これらを振り返ると、この女性は、大変な教養を身に付けた、ちょっと近寄りがたい人間のようなイメージが強いかと思う。

 しかし、実際は意外と気安いところもあり、お茶目な一面も備えた女性であったらしい。

 隆子は煙草も嗜むが、酒が大好きであった。親経は余り酒を飲まないが、親賢は酒が大好きである。時々、2人は酒を酌み交わし、その時の話題は、城中の出来事や噂話であった。折々遊びに来る親戚の者と飲むのも楽しみにしている。花見だ月見だと言っては、家族全員で酒を酌み交わしながら楽しむ事もしばしばで、そんな折の酒の肴は、お城からの頂き物である。

 或る日、隆子が離れの自分の部屋に戻ったところ、寝床の布団の上に薦被りの酒樽がドンと据えられていた。私の寝る所に失礼な、と怒るところであるが、相手が酒では立腹する訳にもゆかない。酒好きの母への親経のいたずらである。

 隆子は、親賢の長男の太郎(富之助)を殊の外可愛がり、時々、自分の部屋に泊めて寝ている。

 親経も親賢も、共に歌を詠み、鼓を習い、香道に傾倒する、いわば武より文を尊ぶ気風の一家であった。そのような家庭の中で、隆子は、主婦の座も親経の妻に譲って、自分は、古典を読み、歌を詠じ、物を書き、文化人たちとも交流し、地方の文人の求めに応じて短冊を与える、そんな晩年であった。

 隆子は、井関家に嫁いだ後も、旗本の主婦としての役割を十分に果たし、夫には慕われ、子や孫や家族からは尊敬され、蓄積した教養と天性の批評眼で、様々な対象に対して批評を加え、感想を述べ、自分の考えを遠慮する事なく書き残したのである。

 旗本夫人としての気位と、低きに堕する事の無い気品とをもって、この世を去る事ができた。

 「知清院殿悟菴貞心大姉」これが隆子の法名である。親経も親賢も、菩提寺・喜運寺の住職も、迷わず、この院殿号という最高の法名を彼女に贈ったものと思われる。

 

付 記

本稿は、2006年7月1日、江戸東京博物館でおこなわれた「江戸の女性史フラム(東京)」で講演したものを多少改めたものである。

                      2007年3月 深沢秋男