『井関隆子日記』関係資料
 
【著 作】
1,『井関隆子日記』原本,昭和女子大学・桜山文庫所蔵。全12冊。校注本・深沢秋男校注,勉誠社(昭和53年〜56年)
 ◎『井関隆子日記』上巻 昭和53年11月30日 勉誠社発行 定価4500円
 ◎『井関隆子日記』中巻 昭和55年 8月30日 勉誠社発行 定価4500円
 ◎『井関隆子日記』下巻 昭和56年 6月 5日 勉誠社発行 定価4500円
  平成4年品切れ絶版。(再版の予定なし)
2,『さくら雄が物かたり』原本,東北大学図書館・狩野文庫所蔵。全39葉。新田孝子氏校訂 『図書館学研究報告』(東北大学)第10号,昭和52年12月。
3,『神代のいましめ』原本,昭和女子大学・鈴木重嶺文庫所蔵。全27葉。深沢秋男校訂 『文学研究』第46号,昭和52年12月。
4,『いなみ野』原本,吉海直人氏所蔵。吉海直人氏校訂 『同志社大学・日本語日本文学』第8号,平成8年6月。
5,『井関隆子長短歌』原本,昭和抑女子大学・鈴木重嶺文庫所蔵。深沢秋男校訂 『文学研究』第53号,昭和56年10月。
6,『野山の夢』(蔵田茂樹著)・跋文 原本・昭和女子大学・鈴木重嶺文庫所蔵。深沢秋男校訂 『文学研究』第46号,昭和52年12月。
7,和歌一首 蔵田茂樹著『恵美草』に書き加えたもの。
8,和歌三首 木内有渓編『秋野の花』(天保4年刊)に収録。
 
【書 写 本】
1,桑原やよ子著『宇津保物語考』静嘉堂文庫所蔵。1冊。
2,蔵田茂樹著『恵美草』 国立国会図書館所蔵。1冊。
3,隆子は『浜松中納言物語』・『万葉集略解』の書写本を,11代将軍家斉の正妻・広大院に献上しているが,現在所在は未詳。
 
【作者伝記資料】
1,『井関家過去帳』井関家所蔵。深沢秋男校訂。 『文学研究』第53号,昭和56年6月。
2,井関家墓石 井関家菩提寺・喜運寺に現存。
3,『庄田家系譜』 庄田家所蔵。正本と副本がある。
4,『昌清寺過去帳』 昌清寺所蔵。深沢秋男校訂。 『文学研究』第53号・昭和56年6月。
5,庄田家墓石 庄田家菩提寺・昌清寺に現存。
6,井関親経・短冊。北野克氏所蔵。
 
【調査・報告・論考】
1,「鹿島則文識語」鹿島則文,『井関隆子日記』原本に付されている。
2,「国立国会図書館蔵『恵美草』の書写者について」 深沢秋男 『参考書誌研究』(国会図書館)第11号,昭和50年6月。
3,「桜山文庫所蔵『天保日記』とその著者について」 深沢秋男 『文学研究』第42号,昭和50年11月。
4,「井関隆子研究覚え書」 深沢秋男 『文学研究』第44号,昭和51年11月。
5,「井関隆子研究覚え書(2)―新資料『神代のいましめ』の紹介―」 深沢秋男 『文学研究』第46号,昭和52年12月。
6,「『さくら雄が物かたり』―館蔵稀覯本翻刻―」 新田孝子氏 『図書館学研究報告』(東北大)第10号,昭和52年12月。
7,「井関隆子作『神代のいましめ』について」 深沢秋男 『文学研究』第47号,昭和53年7月。
8,「井関隆子の文芸―館蔵『さくら雄が物かたり』の著者」 新田孝子氏 『図書館学研究報告』(東北大)第13号,昭和55年12月。
9,「井関隆子研究覚え書(3)―『井関隆子長短歌』・井関家過去帳・昌清寺過去帳―」 深沢秋男 『文学研究』第53号,昭和56年6月。
10,「井関隆子研究覚え書(4)―『井関隆子日記』と『しづのおだまき』―」 深沢秋男 『文学研究』第56号,昭和57年12月。
11,『井関隆子日記』ドナルド・キーン氏+金関寿夫氏訳 『朝日新聞』昭和59年4月4日・5日・6日(後『百代の過客』下 朝日新聞社,昭和59年8月20日発行 に収録)。
12,「『井関隆子日記』に見る天保改革の評判」 大口勇次郎氏『日本の歴史』(小学館)8巻付録,昭和59年6月。
13,「『井関隆子日記』と天保改革」 中津美恵子氏『二松学舎大学人文論叢』第28輯,昭和59年8月。
14,「井関隆子の日記」 内田保広氏 『研究資料日本古典文学9 日記・紀行文学』 昭和59年11月30日,明治書院発行。
15,「井関隆子の日記」 鈴木瑞枝氏 『天保・化政の人と書物』(私家版),昭和59年11月20日発行。
16,「江戸の女流日記―日記文学の一面―」 内田保広氏 『解釈と鑑賞』 昭和60年7月。
17,「『井関隆子日記』の中の風俗描写」 二川清氏「近世部会会報(日文協)第8号,昭和61年8月。
18,「『品川心中』の原話」 二村文人氏 『近世部会会報』(日文協)第8号・昭和61年8月。
19,「井関隆子研究覚え書(5)―桜山文庫『桜斎随筆』の記述―」 深沢秋男 『文学研究』第72号,平成2年12月。
20,『日本女性の歴史・近世』 総合女性史研究会編 「学問と女性」関民子氏 角川書店,平成5年10月5日発行。
21,『日本の近世・15』「女性の近世」 林玲子氏編「天保改革期の一旗本女性の肖像」 関民子氏 中央公論社,平成5年11月20日発行。
22,『日本の日記総覧』(『歴史読本』特別増刊・事典シリーズ21号・新人物往来社発行)「女性篇・井関隆子日記」 関民子氏 平成6年4月10日。
23,「井関隆子作『神代のいましめ』のモデル―主人公・某の少将は忠邦か定信か―」 深沢秋男 「文学研究」第81号・平成7年6月。
24,「井関隆子作『さくら雄が物かたり』考」 深沢秋男 『文学研究』第85号,平成9年7月。
25「井関隆子の人と文学(上)」 深沢秋男 『文学研究』第85号,平成10年4月。
 
◎平成11年度,大学センター試験に出題された。(平成11年1月17日)
 
  はじめに戻る
  『井関隆子日記』メニューに戻る